無垢材の家具 丈夫で肌触りの良い天然素材

一生使える無垢材の家具

無垢材の家具

インテリアや家にもいろいろなスタイルがありますが、木を基本にした無垢材を使うフローリングや家具が高級ながら人気を集めています。木そのものを使う無垢材はとても魅力的ですが、お手入れが大変そうという理由で手を出しにくい方もいるようです。そんな無垢材の簡単にできるお手入れ方法などをご紹介します。

無垢材は、天然の木そのもののことです。
ひとつの木を使っているものが無垢材、いろいろな木材を貼り合わせたものを集成材といいます。これでわかりやすくなったと思います。
天然の木一本から造られた無垢材は、それ自体が生きていて、呼吸をしています。
また、木の種類によっても様々な特徴があり、そこから選ぶことも無垢材の楽しさがあります。

しかしながら天然の木ですからお手入れの方法もちょっと難しいかも・・・と思われる部分もあります。そんなお手入れ方法は後述しますので参考にしてみてください。

種類

木の製品はもともと何かの木からできているわけで、その木が何の木だったかによって風合いや色などが全然違います。
無垢材の場合は1本の木から丸々作られた木材なので、その木自体の特徴がダイレクトに伝わるものなのです。

ウォルナット

ウォルナットは高級家具にも使われる家具材として知られています。
心地よい弾力性があり、色味も深い。そして木目は一定ではなく独特の美しい模様を描きます。
使い込むことでさらに風合いや重厚感のある光沢が増していきます。
固く弾力性があるため、傷つきにくく、フローリングなどにも使うこともあり、その肌触りは最高です。

ブラックチェリー

きめ細かな木肌で肌触りがよく、経年変化で色合いが変わっていき、ずっと雰囲気を楽しめる木です。
収縮や膨張も少なく、安定しているので高級家具にも使われています。

チーク

チーク材は耐久性に優れた木材として船などでも使われていたほどの歴史があります。
良質な油分を含むことで耐水性にも優れ、鉄などの腐食も防ぎ、木目が美しいことから、耐久性と美しさを兼ね備えた木材です。

無垢材には長所も短所も

自然のものを使いたいということで無垢材を選ぶ方が増えています。
無垢材は生きている木をそのまま使いますから、風合いなどの経年変化を楽しめ、肌触りも抜群に良いです。

しかし生きているため、湿度や温度による変化が見られます。伸縮したり膨張したりということです。
ここでは寄せ集めた集成材のほうが、規格統一がされており変化が少ないので形が変わらないようにしたい場合は無垢材ではなく集成材を選ぶほうが良いのですが、木材を接着するための接着剤がホルムアルデヒドであり、シックハウスの原因にもなっています。

予算に余裕があればずっと使い続けられる無垢材が私たちには最適なのかもしれません。

お手入れ方法

基本的には乾拭きで拭いてください。汚れが落ちない場合は固く絞った雑巾で水拭きなどをするようにしましょう。
あまりにも水分を含めた布で拭き続けると無垢材に塗布されているオイルが取れてしまうこともあるので注意してください。

傷などはまだ新しい無垢材の場合に限り、サンドペーパーで少しこすればとれます。
古くなった物は色が変わってしまうので注意してください。

植物系のオイルか蜜蝋ワックスを満遍なく塗りこんだあと、乾拭きで拭き取ります。これが基本的なお手入れになると思います。
無垢材は定期的にお手入れすることでずっと楽しめます。