イケア(IKEA)

イケアはお洒落な北欧家具や雑貨が安い!

イケア(IKEA)

日本へ上陸以来、着々と各地に店舗を増やすイケア。最初はIKEAって何て読むんだろうというレベルの人が多かったですが、現在ではよく知られる存在になっていますよね。
イケアの特徴や歴史、お得情報などもご紹介していきます。

IKEA(イケア)とは

イケア(IKEA)とは、スウェーデンの大手家具チェーン店です。世界の33の国と地域に合計241店舗を展開し、現在日本でも5店舗がオープンし、話題を集めています。

家具にはスウェーデン語の名前がついているのが特徴で、郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開しています。また、カタログやインターネットによる販売もしています。

ロシア進出の際には、IKEAのドキュメンタリー映画が撮影されました。

なんて発音すればいい?

IKEAIKEA(イケア)とはイングヴァル・カンプラードのイニシャルのI・K(Ingvar Kamprad)に彼が育ったエルムタリッド農場(Elmtaryd)があるアグナリッドの町(Agunnaryd)の頭文字をつなげ合わせたものです。
日本でのカタカナ表記は「イケア」ですが、アメリカやオーストラリアなどでは「アイキア」、オランダなどでは「オイキア」等と発音するなど、各国微妙に違っているようです。
ドイツでの発音は日本同様「イケア」、中国における表記は「宜家家居」です。

イケアの店舗・家具の特徴

IKEAイケアの特徴といえば、他のショップの同等商品と比べて格安でお洒落な家具が手に入るところです。
北欧家具のお洒落なインテリアでショールームのように展示された店内を見て周ると、自分の作りたい部屋がきっとみつかる、という感じで買い物が楽しくなります。

イケアはショールーム形式をとって、全ての家具をセットアップした状態で展示しているので、部屋に置いたときの感覚が掴みやすいのです。
また、このくらいの広さにこの家具を置くと実際の広さはどれくらいか、ということもわかるようになっています。

イケアのメリットとデメリット

何度行っても楽しめるイケアには日本の今までのインテリアショップとは違う見所がたくさんありますよね。そこが良さであり、とっつきにくさでもあるのです。

自社流通で安くなっている

安くてお洒落なインテリアが数え切れないほどたくさんある。
そんなイケアですが、なぜこのように安くなるかというと、全ての商品の全ての工程を自社内で完結せさているからです。
デザイナーから流通まで全てをイケア内で終わらせているのでコストを極限までカットできるのです。

自分で持ち帰るから安い

ですが、イケアにはさらに安くなる理由があります。
それは全て組み立て式で、自分で持ち帰る、ということです。
普通は完成したものを買ったり、組み立て式としても配送してくれたりしますが、イケアではコスト削減のため、また低価格で提供していくために配送は自分で持って帰るという日本では馴染みのない方法をとっています。

組み立て式だから安い

持ち帰るのはいいですが、組み立てるのは自分でドリルで穴を開けるものもあり、工具が必要なこともしばしばです。
ですから、安くて良いものですが、これだけの手間がかかるということなのです。
特に大型の家具にドリルが必要な物がありますが、簡単なベッドであればドリルは必要ありませんでした。
組み立てに必要な工具などは近くにいるイケアスタッフに尋ねてみましょう。

さらに様々なところで安くなっている

また、イケア店内では商品のナンバーから在庫を探し、レジへ自分で持っていく、という独特のスタイルで人件費も削減しています。
日本では少し無愛想なシステムかもしれませんが、イケアはこのようにして世界に展開していますし、このような激安店では珍しいことではありません。

イケアの日本撤退と再上陸

2006年4月24日に船橋へと登場したイケアですが、実は以前にも日本に上陸していたのです。
日本初上陸は意外と古く、1974年の船橋でした。
そして神戸にもオープン。年1店舗ずつ増やすという目標の中イケアが上陸したのです。

しかし、日本ではイケアのこのようなスタイルが通用せず、1986年には撤退していたのでした。
組み立て式、持ち帰り、不良品多発、価格がイケア的なものではなく高かったことが原因で、北欧家具というキーワードとしてしか販売できない状況にあり、経営不振に陥りました。

ですが2001年にイケア再上陸が決定し、2005年9月に船橋にオープン予定でしたが、流通の迅速化を進めるため延期。
中国に流通センターを作り、2006年にイケアがオープンしたのです。

企業としての環境問題への取り組みとイケア鉄道の制作

IKEAイケアでは北欧家具ということもあり、多くの木材を使用することから、森林伐採対策やリサイクルなどに対して非常に関心が高く、1980年代から積極的に環境問題に取り組んでいます。
熱帯雨林の木材を使わないようにし、植林から利用する、包装材・家具の再利用などさまざまな取り組みをしています。

2002年にはイケア鉄道をスウェーデン、デンマーク、ドイツで設立しました。
これはイケアの配送にトラックを使わずに環境保護を掲げて作ったものです。
環境問題だけでなく、輸送コストが安く、時間も確実でメリットの多いイケア鉄道ですが、これだけで1日50台のトラックを使わなくて済むようになったのです。

世界各国での出店時の大きな話題性

イケアは大規模で格安の家具店として世界に展開していますが、その話題性からもオープン時には多くの客が殺到し混乱を招いています。
イギリス・エドモントンでは深夜オープンにも関わらず7000人が押し寄せるなど、イケアの人気ぶりが伺えます。
中国ではなんと桁違いの8万人が来場したというから驚きです。

イケアはインテリアショップでなぜか食事が楽しめる

イケアでは家具を選んだりウィンドーショッピングを楽しんだら、イケア内にあるレストランやカフェで食事をとることができます。
そしてこれもイケアの価格が設定されていて美味しくとても安く食べることができます。
ホットドッグは100円、ソフトクリームは50円と手軽に腹ごしらえをして、また家具を見に行くことができます。
最近では、このソフトクリームの販売スタート当日にソフトリームを無料配布したり、県民の日などに住所のわかるものを提示すると無料でもらえたりするイベントもやっていて、多くの人でにぎわっています。

また、イケアカードという無料のメンバーズカードがあり、これを提示すれば平日は温かい食事を注文すると飲み物がタダで飲み放題というのも嬉しいサービスです。さらに食事メニューも割引される特典もついています。

夜はビールと北欧料理で一杯やって帰るのもイケアが好きな方にとっては大きな楽しみです。
朝食の格安軽食から、ランチ、ちょっとしたおやつ、そして夜はディナーやビールなど、朝から夜までイケアが楽しめます。

今後のイケアの展開

イケアは以前そのスタイルが日本には合わずに撤退しましたが、今でも大掛かりな組み立て家具というのは日本では浸透していないのが現状です。
また、郊外にありすぎるというのもデメリットです。

しかし、連日イケアには多くの人が訪れています。
家具を買うのかと言えば、レストランで談笑していたり、ウィンドウショッピングをしていることが多いですが、気軽に店内へ入れるスタイルはとても印象がよいですよね。
さらに、毎月のように家具のセール期間があったり、レストラン内のメニューが安くなったりするお得なイベントをしていますし、子どもの体験教室なども積極的に開催していることから、家族が遊びに行くインテリアショップというスタイルが定着しそうですね。

知ってトクするお手軽お得情報

セール情報やイベント情報、プレゼント情報などはイケアのホームページに行くとわかります。
しかし公式サイトからはあまり情報が掲示されていないのが少し不便ですね。
お近くのイケアの公式ページに詳細情報がありますので、イケアに行く前は必ずサイトをチェックしたほうが良さそうです。

IKEA船橋
IKEA 港北
IKEA ポートアイランド
IKEA 鶴浜
IKEA 新三郷
以上がイケアストアの公式サイトになっています。
いつもでも安いイケアでさらにお得にお買い物をしましょう!