ダウニーを芳香剤にする

ダウニーを芳香剤にする方法

ダウニーを芳香剤にする

洗濯するたびにダウニーの香りに包まれてとても幸せな気分になりますが、それが家の芳香剤として使えたらずっと好きな香りで過ごせるのにと思ったことはありませんか?私もダウニーを大量ストックしているのでこれは実際に考えて実践しています。

一番簡単なのはダウニーシートを使う

一番簡単にダウニーの香りを芳香剤として使うのはダウニーシートを買うことです。ダウニーシートは洗濯の際に入れるシート状の柔軟剤です。
これはティッシュのような状態になっていて、一枚一枚取り出して使います。

芳香剤として使うにはダウニーシートを取り出して置いておくだけです。これでダウニーの香りが部屋中に広がります。

ただしデメリットとしては発売されているダウニーシートの香りにはいくつかのシリーズに限定されていしまうことです。お気に入りのダウニーの香りがシートとして販売されていなければこれは無理なんですね。

厚手のタオルを置く

毎回の洗濯時にダウニーを入れていると思いますが、ここに洗濯ネットに入れた厚手のタオルを一緒にいれて洗います。
これでタオルにしっかりとダウニーの香りが染みこんで芳香剤になります。毎回洗うため、常に新鮮なダウニーの香りが染みこむため香りが減ることはほぼなく、香りを持続させることができます。私はこの方法を使っています。

タオルは大きいものではなく、ハンドタオルの小さいものを使っています。置いておいても見た目が良いものですね。

ダウニーそのものを放置するのは良くない

ダウニーをカップなどに出して使うのもいいですが、これはホコリがたまったりすることもありますが何よりも水分が揮発してしまい、固形化してしまうためあまりお薦めできません。香りも新鮮ではない感じがします。水を足したとしてもドロドロで変色してくることもあるので、できればやらないほうが良いと思います。

そもそも洗濯していれば部屋中ダウニーの香りに

私たちは気づかないですが、洗濯していれば洋服にダウニーの香りがしみついて、部屋にいる間ずっとダウニーの香りが部屋中に充満しています。これだけでもかなりの芳香剤としての効果はあるのですが、毎日過ごしているだけに気づきにくくなるのです。

友達に家の匂いってどんな感じ?と聞いてみて下さい。甘い感じとか柔軟剤とか、芳香剤とか、香水、とすいろいろ言ってくれると思います。

あまりにもダウニーの香りが強すぎると人によっては不快感を示すので気をつけてくださいね。