イームズのラウンジチェアがあるリビング

イームズのラウンジチェアがあるリビング

イームズのラウンジチェアがあるリビング

イームズのラウンジチェアはモダンインテリア好きの方なら一度は欲しいと思ったことがある一人がけソファだと思います。置くにしても周囲のインテリアとのマッチなども意外と重要で、適当に購入してしまうと浮いてしまいますし高級感が最大限に引き出せません。

またリビングにラウンジチェアを置く場合、ほかのソファなどの家具との兼ね合いがあって、相当広いリビングでないとおけない可能性が非常に高いです。うちのリビングでもラウンジチェアを一時期置いていましたがオットマンを置くと狭くなるので別の部屋に置いています。

イームズのラウンジチェアが似合うインテリアを厳選してご紹介します。

白のラウンジチェアが映える部屋


真っ白で美しいイームズのラウンジチェアがしっかりと溶け込んでいます。天井が高く窓も開放感があり白い壁とシースルーのカーテンが軽さと落ち着き、清潔感を出していてラウンジチェアにマッチしています。床のカーフもアクセントになっていますね。

落ち着いた時代を感じさせるラウンジチェア


とても古い時代を感じさせる窓辺のラウンジチェアです。出入りするためにオットマンとの距離が離れているようですが、二人で向き合って座るのにも調度良い距離感です。中庭を眺めながらゆったりとした時間を過ごせそうな気がします。

広い書斎のラウンジチェア


基本的に本棚とラウンジチェアの相性はとても良いのですが、やはり書斎に置くくらいのスペースがあるととても存在感があります。この書斎は明るくて新しい感じ。イームズのラウンジチェアは新しい書斎にも古めかしい書斎にもどちらにも合うと思います。ただし書斎の広さを確保して、天井までの作り付け本棚は外せないですね。
このテイストだと日本のマンションにも十分イームズをかっこよく置ける書斎が作れそうです。

静かな時間を過ごせる2つのラウンジチェア


イームズのラウンジチェアは1つ置いてあることがほとんどですが、個人的にはふたつ並べて語らえるようなリビングを作るのが理想だと感じています。この部屋は白と黒のラウンジチェアが置かれていてソファと窓に向けて配置されています。やや斜めに向けられていて、床の質感やカーテンの重さなど静かでゆったりとした時間が過ごせそうな部屋になっていると思います。

タワーマンションのラウンジチェア


タワーマンションで窓が床ギリギリまである場合、ラウンジチェアに座りながら景色を存分に楽しめるでしょう。特に景色の良い高層マンションの場合、ラウンジチェアは窓に向けて設置するほうが見た目にも良い場合が多いようです。日焼けだけが心配ですが、夜景や週末の景色を楽しむ特等席になるでしょう。