クラウドコンピューティング セキュリティや問題点なども解説

開発コスト低下で企業が注目するクラウドコンピューティング

クラウドコンピューティング

アメリカでは2006年頃からクラウドコンピューティングに対する関心が高まっています。
インターネット上のサービスですが、イマイチその定義やメリット・デメリットがわからない人も多いと思います。
ここではクラウドコンピューティングについて解説していきます。

クラウドコンピューティングとは、簡単に説明すると以下のようなものになります。

  1. インターネット経由で利用するアプリケーションサービスのこと
  2. それらはどこがサービス提供していても利用者は無意識に利用できる
  3. よって特定のサイトのサービスを利用するわけではない(それすら意識しなくてよい)

と言ったものです。

もともとパソコンの中にソフトをインストールして何かをする。
これが今までのパソコンの利用方法でしたが、クラウドコンピューティングではパソコンの中にインストールするソフトに依存せず、インターネットに接続し、そこから利用したいソフト(サービス)を選んで使うことが可能になるのです。

例えばメールやスケジュール、オフィスソフトなどがクラウドコンピューティングとして既に利用することができます。

メリット

メリットクラウドコンピューティングを利用することによって、どこにいてもパソコンとインターネット接続環境があればパソコンにインストールされている・されていないというソフト依存を解消できます。
いつでもどこでも使い慣れたソフトをインターネット経由で使うことができます。

また、パソコンに入れておくソフトを購入、維持しなくてもよくなるというメリットもあります。
保守管理、データ保存なども全てクラウドコンピューティングを利用して一括管理できるため、コスト削減になります。

デメリット

デメリットクラウドコンピューティングは自前のソフトをインストールして使うのではなく、オンライン上のものを利用する上に、接続先を気にすることなく利用できるサービスであるため、カスタマイズ性はほぼできないものになります。

また、一番のデメリットが、クラウドコンピューティングサービスを提供している側のネットワーク障害やサービス終了など、ユーザー側ではどうすることもできない事態が予想されます。

さらにクラウドコンピューティングで一元管理している情報は特に狙われる重要情報であることが多く、セキュリティ上のリスクが挙げられます。

そしてこれらの問題がどこのサービスで起きているのかを特定しにくいのもクラウドコンピューティングのデメリットです。
(ユーザーはどの運営母体が提供するサービスかを意識せずに使えるサービスのため)