USBメモリから感染するウイルス 予防と駆除方法も

USBメモリを挿す前にウィルス対策ソフトは入っていますか?

USBメモリから感染するウイルス

インターネットでのホームページ閲覧やメールでウイルスが感染するのは知られていますが、最近はデータの受け渡しがとても簡単になったUSBメモリを経由してウイルスに感染するケースがとても増えています。

仕組み

USBメモリは自分のパソコンと他人の別のパソコンに差し込んでデータを移動します。
このときに、他人のパソコンにウイルスが入っていた場合、USBメモリを感染したパソコンに差し込んだ時点で混入してきます。
そのウイルスが混入したUSBメモリを自分のパソコンに挿したとき、自動でウイルスが動き始めます。

なぜ自動で動いてしまうかというと、USBメモリの便利な昨日である、自動でUSBメモリを開くオートランがあります。
これは「AUTORUN.INF」というファイルで、USBメモリの使い方で紹介している便利な機能です。
これを勝手に書き換えるため、オートランによってウイルスが自動的に動き始めます。

症状

USBメモリ経由で感染するウイルスの症状は以下のようなものです。

対策

USBワームへの対策としてはまず自分のUSBメモリだけを使用することです。
知人のものでも中にはウイルスが入ってしまっている場合が考えられます。

また、ウイルス対策がしてあるパソコンだということがわからない場合、そこにUSBメモリを接続するのは避けましょう。
特に公共のパソコンでは注意が必要です。

ウイルス対策ソフトを最新にしておく

USBメモリから感染するワームは、パソコンのウイルス対策ソフトを最新にしておくことで対応可能です。
感染してしまう場合のほとんどがセキュリティーソフトが入っていないか、入っていても最新の状態に更新されていない場合です。
インターネットに接続できる環境の場合、セキュリティーソフトを常に最新にしておくことは最低限の自衛策ですので忘れずに導入・更新しておきましょう。