マンションのホームページ制作

マンションの管理組合のホームページ

マンションのホームページ制作

マンションの住民による管理組合や自治会、町内会などのホームページ開設が最近安定して増えているようです。ツイッターなどではなくなぜホームページを作るのか、マンションの管理組合がホームページを運営する意味とは何かを解説します。

マンション住民への情報発信と情報の共有

マンションの管理組合、大規模修繕委員会、ペット委員会などさまざまな団体がある場合、今まではロビーの掲示板などに掲示したり、あるいはポストへ投函して世帯数プリントする必要がありましたが、ホームページがあることで情報発信がスムーズに素早くできるようになっています。

また履歴が一発で探せる、インターネットが使えればどこからでも情報にアクセスできることもメリットです。紙は増えれば増えるほど場所をとり、管理が難しくなりますし紛失してしまう場合もあり得るでしょう。ネット上に情報を置くことで住民全員で共有できることも大きなメリットです。

また、子ども会などが充実しているマンションの場合、企画の告知やイベントの報告などを写真入りでホームページに掲載することで今まで参加していなかった層にもどんなことをしているのかが伝えやすくなり、次回以降の参加者増加にも貢献するでしょう。

マンション内の情報を誰もが知っているわけではありませんので、ホームページを通じて全員に届けられることが重要です。

マンション資産価値向上

マンションを売却したり賃貸に出したりと資産として活用することもあると思います。またそんなことはしなくても住んでいるというだけで満足感や少しの優越感を味わうためにも、マンションの資産価値が高い状態を維持しておきたいものです。

ホームページを充実させ、マンションの出来事や在り方を掲載し続けることでマンション購入者にも訴えかけることができます。こんなマンションに住みたいと思えるような素晴らしいマンションの情報を掲載していきます。

それにはどのようにしていけばよいかを管理組合では話し合う必要があるでしょう。少しずつ改善し、それをホームページで報告することで少しずつ良い環境が整うはずです。
マンションというものは資産価値がどれだけあるかがとても重要です。誰かがやってくれるだろうという考えを捨て、自分たちでマンションを高いレベルで維持する必要があります。

自分たちで更新できるホームページが良い

ホームページ制作を業者に依頼することから始まるでしょう。そのあとは毎月のようにホームページの更新が必要になりますが、その更新作業をブログ更新と同じような感覚でできるシステムを使って制作依頼を出すことが必要になります。

更新のたびに業者に連絡していては時間がかかってしまいます。また更新するための費用もずっとかかってしまうため、自分たちで更新できるというのは今や必須になっています。

ブログやメールは今は多くの人が利用していますので、管理組合の中でも誰かが使い方に慣れている方がいるはずです。その人に丸投げするのではなく、勉強会を開いて皆でホームページの更新ができるような環境を整えましょう。

マンションのホームページ制作会社の選び方

マンションのホームページを制作してもらうための会社選びですが、まずはコストです。最近ではホームページのデザイン設計部分を雛形を作ってあり、制作費用がとても安く済む場合が多くあります。

制作費用10万円以下というのも珍しくありません。5万円で全て作ってくれるホームページ制作会社もあります。ただし気をつけて欲しいのが制作費用無料でサポート費用が毎月2万円~4万円程度かかるようなところです。このような会社はリース契約を結んできて3年間程度継続で支払い続けなければならないものが多いです。一時期とても問題になり、新規店舗出店に伴って多くのお店が負担を強いられたという過去があります。

マンションの管理組合でホームページを制作しても、これで利益がでるわけではないので、できるだけコストは下げたほうが良いでしょう。また住民からもこんな費用は本当に必要なのか、という反対意見が多くなるはずです。

できるだけ安いコストで作れるところを選んでください。また、ホームページの更新ツールとしてワードプレスかムーバブルタイプを使って作られたものがベストです。これらを使ったホームページ制作をしていくれる会社を選ぶのも必須です。

今はホームページ制作会社も無数に存在していますのでどこが信頼できるかわからないと思います。こればかりは実際に見積をとって会話する必要があります。場合によっては集会室などに読んで説明してもらう必要もあるでしょう。3社程度に絞って相見積もりをとって説明を受けましょう。