PHPとは WEBのスクリプト

PHP

PHPとは

最近では会員制のサイトや口コミサイトなどが多く、絶大な人気を博しています。そのようなサイトを作るためにPHPというプログラミング言語が関わってます。今までのwebサイトから、多くの人が参加し、且つ多くの人によってwebサイトの規模が大きくなる魅力的なコンテンツを作り出すものがPHPです。

PHPとは

PHPとは、Hypertext Preprocesserの略で、常に変化するような動的サイトを構築する場合などに利用されているオープンソースのサーバーサイドスクリプト言語です。PHPを利用したサイトはデータベースや外部のファイルによって生成されていきます。

PHPは世界規模でのオープンソースなので、日々改良が加えられ、さらにバグの報告・修正もスピーディーに行われています。

また、PHPはCやPerlと似ておりそれらの知識があれば、すんなりとPHPに入り込めるというのも現在の人気の原因です。

動作環境

PHPはLinux、UNIXやWindowsでも軽快に動作します。
データベースはオラクル、Sybase、MySQL、ODBCなどを利用でき、ほぼ誰でもPHPを使い始めることができる環境にあると言えます。

また、PHP-Apache-Linuxの組み合わせは、1秒にも満たない非常に速いアクセス時間が特徴的で、データ構造をキャッシュすることによりパフォーマンスが更に高められます。

特徴

PHPの特徴と言えば、どんな環境でもなじみやすく、さらに今までプログラミング言語に携わった人たちにとっても簡単に扱える点は前述したとおりです。
さらにスピーディーに動作すること、オープンソースで世界シェアも大きいことから、サポート体制も抜群です。

さらにPHPを使う利点としては、PHPはPerlやASPのコードに比べて格段にメンテナンスや更新がしやすい点が挙げられます。

利用例

PHPを利用したサイトは全世界で3割以上のサイトが導入しているという結果が出ています。
また、そのようなサイトのうち、規模の大きいポータルサイトなどでの運用実績から、信頼できる言語といえます。
CBS, ユニリーバ, フィリップス, シスコ, エア・カナダ航空, ルフトハンザ, GE Marketplace, ライコスなどのサイトでPHPは使われており、確かな実績があります。
この理由は、PHPが今現在のインターネット市場にマッチした機能を取り入れてバージョンアップしているからです。
古くならず、常に時代とマッチした機能を提供できることがPHPの最大の特徴でしょう。