ビアガーデン 夏の風物詩

東京都内だけでも多くのビアガーデンが見つかります

ビアガーデン

夏の醍醐味と言ったら風呂上りのビールだったり、仕事から帰ってきすぐのビールなど、社会に出るとビールは欠かせない存在になってしまいます。
ビールは居酒屋や家で退飲むのもおいしいですが、外でしかもジョッキで飲むビールはもっとおいしいですよ。

ビアガーデンって?

ビアガーデンはビルや大型デパートの屋上などで夏季限定で行われる外で飲む居酒屋のようなもので、基本的には空の下でビールを飲みます。
梅雨明けからビアガーデンの広告などが入るようになると、連日満員になるほどの人気です。

ビアガーデンで決められた料金を支払うことで大抵飲み放題になります。

ビアガーデンを楽しむ

折角飲み放題のビアガーデンですから、大いに楽しみたいですね。
会社の帰りなどに同僚や部下、上司を誘って大人数で行く人たちや、友達同士を誘い合ってお酒を飲むためにビアガーデンへ行くのもアリですね。

ビアガーデンの最大の特徴として、居酒屋などで沢山飲むよりも安く済むということがあげられます。
更に外という開放的な場所でお酒を飲むことになるので気分も部屋の中とは全く違います。

ビアガーデンでの注意事項

混雑するビアガーデン

ビアガーデンが人気の理由は安さ、開放感などが挙げられます。
誰もが感じたい開放感と、お酒を飲むならなるべく安く・・・という考えから、ビアガーデンは大変混雑します。
特に5時半を過ぎた辺りからは行列が出来てしまいます。

どうすればこの行列を回避することが出来るでしょうか。
それはビアガーデンを行っている場所に予約を入れることです。
普段人が少ないから・・・と休日前にゆっくりとビアガーデンへ行くと物凄い混んでいるということもありえます。
行く前は必ず予約しておけば確実です。

ビアガーデンは雨が降ったら悲惨

ビアガーデンは屋上などで行われるために、雨が降ってしまったら中止になってしまうこともあります。
中には屋根のある場所もありますが、ビアガーデンが行われている場所は大部分が屋根のない場所ですので、屋根があっても雨が降り恥じると他のお客さんたちが屋根のある場所へ移動します。
この戦いに負けるとビアガーデン自体が中止にならなくても、雨にぬれてしまっては仕方ありません。

絶対に雨が降らないと思われる日や、屋根のある場所を選ぶのもビアガーデンを楽しむための秘訣です。

酒は飲んでも呑まれるな

外での開放感、飲み放題という感覚がお酒を沢山飲んでしまう原因になります。
ビアガーデンは確かに飲んでいて気分のいいものですが、限界まで飲むのではなく適当な状態を知り、いい気分でビアガーデンを後にすることで、一緒にビアガーデンへやってきた友人や同僚、更にビアガーデン側も気分がいいまま飲み会を終えることが出来ます。
大人としての最低限のマナー、守ってくださいね。