金星の日面通過

金星の日面通過の観測は日食メガネでできます

金星の日面通過

2012年は金環日食に続いて、6月6日は金星の日面通過が起こります。これは金環日食よりもとても貴重な減少で、次回は105年後の予定です。これは普通見れる減少ではないので日食グラスを用意して観測に備えましょう。

金星の日面通過とは

金星の日面通過金星の日面通過とは、太陽の上を金星が黒い点となって動いていく減少です。地球と太陽の間を直線上に金星が通過することで見ることができます。国立天文台の天文情報センターによると、とても貴重であり、宇宙で星が動いていることを実感できる面白い観測ができるでしょうとのこと。

金星は地球との距離がとても遠いため、金環日食のように大きくは見えないところがまた神秘的です。見える大きさとしては太陽の1/30の大きさで黒い点が見えます。

金星の日面通過の珍しさ

金環日食は地球上でよくあることですが、金星の日面通過については1世紀に2度しかないと言います。前回は2004年6月8日に起こりましたが、天気が悪く観測はできませんでした。

今回の6月6日を逃すと次回は105年後の2117年12月11日となってしまい、今世紀最後に観測できる唯一の機会となります。また私たちが生きている間に見れる最後の金星の日面通過と言ってもよいでしょう。

金星の日面通過が見れる場所と時間

金星の日面通過は太陽が出ている場所であれば地球上どこからでも見ることが可能です。
日本の場合は、朝7時半頃に太陽に金星が入っていきます。その後6時間半かけて太陽を横断していくのが観測できます。とてもゆっくりなので、時間を気にせずに見れますよね。

観測には金環日食でも使った、日食グラスが使えますので、捨てずに金星の日面通過までとっておきましょう。

過去の日本の金星の日面通過

過去の日本では1874年明治7年に金星の日面通過が起こりました。当時観測技術が未熟であり、学者たちは金星の日面通過をしっかりと観測しデータを取っておきたいと必死だったそうで、その観測基地が日本に選ばれたそうです。

日本には当然観測技術は皆無であり、欧米の技術を学ぶことができると判断し学者たちを受け入れ、その間8ヶ月に渡って観測技術を学ぶことになりました。
これは現在でも資料が残っており、当時の金星の日面通過がいかに注目が高かった現象かを物語っているでしょう。

過去の日本の金星の日面通過の動画


2004年に撮影された金星の日面通過の動画です。太陽撮影用フィルターを使うと撮影可能です。