カラーランドセル イオンが有名です

毎年新しいカラーランドセルがイオンから発売しています

カラーランドセル

昔はランドセルと言えば黒と赤でしたが、最近では様々な色が当たり前になってきています。売り上げが右肩上がりのイオンの商品についても解説していきます。

昔はランドセルは二色

以前は黒と赤のランドセルが主流でした。
その中でもピンクや茶色などのランドセルもありましたが、みんなと違う色ということでからかわれたりすることもあったようです。

それはもう10年以上前の話で、現在では24色を揃えるカラーランドセルをイオンが発売し、従来の黒と赤のランドセルが変わりつつあります。

現在はとにかくカラフルに

現在はイオンから発売されている24色のカラーランドセルが2001年から発売されていて、入学シーズンになると自分の好きな色のカラーランドセルを選んで買うような傾向が現れ始めました。
それ以降、色や材質、機能性などを少しずつ改良していき、現在テレビCMなどでおなじみの「イオンの24色カラーランドセル」として定着しています。

イオンのカラーランドセルの特徴

イオンから発売されているカラーランドセルは、青、赤、ピンク、緑、茶、黒と系統で微妙な色合いが再現されていて、24色の中から自分にマッチした色のランドセルを選ぶことができます。
しかし、イオンのカラーランドセルが色があるから、というだけで選ばれているわけではありません。

発光LED付きの防犯ブザーが標準で取り付けられているのは親としては少しでも危険から子供を守りたいときに選択の基準にもなるでしょう。

それだけでなく、カラーランドセルを使う子供に一番使いやすいように、という工夫が凝らされています。
背中の部分にエリや髪の毛を挟まれにくくする工夫や、肩ベルトと背中部分がフィットしやすいように改良が重ねられていたり、軽量化、耐久性向上など、とにかく昔とは比べ物にならないほど進化したランドセルになっています。

個性を大事にする時代になったからこそ実現

もともとランドセルは毎年より良いものへと進化し続けています。1度ランドセルを買えば小学校生活6年間ずっと使い続けるので、買ったときにしか印象にないと思いますが、機能性・使いやすさなどはどんどん向上されて、その向上がある一定のラインに達したとき、イオンからカラーバリエーション豊かなカラーランドセルが発売されました。
個性を出したい、大事にしたい、という客層にイオンがそろえた24色のカラーバリエーションが受け入れられ、現在ほとんどの新入学児童がイオンのカラーランドセルを購入する傾向にあるといいます。
今後はランドセルの内側に装飾をしたり、さらに個性あるランドセルを販売していくようです。