生協のpalシステムの注文方法

パルシステムは誰にでもお薦めできます

生協のpalシステムの注文方法

生協はCMでもやっていたり、隣近所で加入している人が多いですよね。どうすればうちでも注文できるのだろう、と思っている方も多いと思います。加入方法から注文方法まで詳しく解説していきます。

生協のpalシステムの特徴とは


生協のpalシステムは関東を中心とした1都9県で利用できる、食品の宅配サービスです。食の安全を昔から考えて、生産者の顔が見えたり無農薬野菜、や添加物の少ない食品などを通販のようにして提供しています。
最近ではインターネットから注文するだけで玄関先まで届けてくれます。インターネットで入会するとpalシステムで使える500ポイントがもらえます。

特にお薦めな方は?

安全な野菜や肉、魚、牛乳など、誰にでもお薦めの生協palシステムですが、特にお薦めしたい方は以下のような方です。

  1. 毎日仕事で帰宅が遅くなる
  2. 家族が多く買い物の量が多すぎる
  3. 体が不自由で買い物にいくのが辛い
  4. 小さな子供がいる
  5. これから子供を生む予定

安全・安心な食材、という点については生協にとっては当たり前の話ですので省略します。
ここでは特に『買い物に行く』という時間がない方や、行きたくても行くことができない、という方には特に大きなメリットがありますよね。

さらに食の安全にこだわりたい、子供がいる家庭やこれから子供が生まれる予定の方にもお薦めしたいですね。子供は安全な食べ物かどうか、それを選ぶことはできません。
親である私たちがしっかりと判断して選んであげることが必要です。
そうすることで私たちにも安心感が生まれるので気持ちもラクになりますよね。

ひとりでも可。 決まった曜日に届く

一人で利用する場合

生協ってよくマンションなどで、代表者の家の前に行って注文したものを取りに行く、というが昔からのイメージかもしれません。
実はひとりでも加入して注文、玄関まで届けてくれるのをご存知ですか?団体で入会していると気を使ってしまいちょっと・・・という方も少なくないでしょう。
手数料が地域によって違いますが、小額を支払うだけで個人でも生協のpalシステムを利用できます。
東京の場合、188円/1回です。(小額すぎて驚かないで下さいネ)

ふたりで利用する場合

まずは友達とふたりで利用したい、そういう方の場合は一箇所に届けてくれて、そこにもうひとりは取りに行く、そんな感じになります。
手数料は半額の95円となります。

3人以上で利用する場合

3人以上のグループで利用するのが昔は多かったですよね。この場合は手数料が無料になります。配達場所は一箇所となっています。みんなで利用する場合はこれがお得ですよね。

資料請求すると本当に入りたくなってしまいます

我が家の隣の老夫婦もpalシステムを個人利用していて、一度生協の方と話したことがあります。(サンプルとしてひじきをもらいました)
そのときのパンフレットがとてもよく、安全な食べ物を届けるだけでなく、リサイクルもかなり手を入れて私たちが住む『環境』に配慮した運動をしっかりと連動させているのに気づきました。

例えばビンの回収、紙パックの回収、たまごの紙パックの回収。
どれもリユースして使うための行動です。これを『忙しいから』という理由でいつも捨てていたりした私たちはもっと行動すべきだと思い知らされます。
特にpalシステムなら商品も家に届けてくれ、さらに回収品も取りに来てくれるので手間をかけずにエコに参加できることが魅力です。

本当に良いものを美味しく食べることと、私たちが生きる上でやっていかなければいけないことが生協のpalシステムを通してできます。
とてもキレイなパンフレットを無料請求してみてください。きっと生協の良さをさらに実感できると思います。
資料請求は公式サイト、生協の宅配パルシステムでできます。