香水をルームフレグランスにするときの注意点

正しく香水をルームフレグランスとして使う方法を解説

香水をルームフレグランスにするときの注意点

香水ってついつい買いすぎたりもらっても使い終わらず残ってしまう場合がありますよね。そんなときよく使う方法がルームフレグランスとして使うのですが、これ実は間違った使い方をしている方が多いんです。

部屋にそのままスプレーするのはNG

香水をそのままリセッシュなどのように使うのはダメです。特に気化してからシミになってしまうことが多いからです。特に壁紙、カーテンなどがそうなりがちですね。カーペットなども気をつけて下さい。
多くの方がカーテンなどにスプレーしていたりしますが、けっこう危険かも。

ではどのようにしてルームフレグランスとして使えばよいのでしょうか。

容器に薄めて入れる

香水をそのまま置くと香りがきつすぎる場合があるので、小さな容器などに薄めて入れてトイレなどに置くとよいでしょう。
芳香剤の香りはなかなか好きになれないという方も香水であれば心地よく感じると思います。数日おきに容器を洗って入れ替えるようにしましょう。香水も無駄にならずお薦めです。

ポプリに香りづけする

ポプリって見た目が落ち着いていて優雅できれいですが香りがなくなってしまうとただの置物になってしまいますよね。そこで香りがなくなってしまったポプリに香水で香りづけしてあげます。

これがけっこう普通に香ってくれるのでお薦めです。香水はスプレータイプなので簡単に吹きつけられてポプリが蘇ります。

コットンに染み込ませる

コットンに香水を染み込ませて、布でくるんでおいておくだけで香ります。クローゼットの中などに入れておくと良い香りが広がります。
これは結構何にでも使えるのでぜひ試してみて下さい。