ベジタリアン 種類の解説も

菜食主義は体にいい?

ベジタリアン

野菜だけしか食べない、という欧米で流行っているライフスタイル。日本でもその風潮が今でも根強い人気を保ち続けています。

ベジタリアンとは

ベジタリアンは肉を食べない菜食主義者と思われがちですが、実はこのベジタリアンはベジタブルという言葉から作られたものではなく、ラテン語のベジタスという活気のある、生命力にあふれた、という意味の言葉からきています。

ベジタリアンの本来の意味とは、活気のある、生命力にあふれた人のことを指し、そうなるために肉食をやめた人のことであります。

そこでベジタリアンは、宗教・思想上または健康上の理由などから「動物を屠殺、もしくは傷付けて得られる食品」を食べない人々の総称として使われます。このベジタリアンに含まれる人の種類が多いためも菜食主義というものが大きな枠になっています。

食事制限による種類

ベジタリアンにはいくつかの種類にわけられ、食べるものが違います。鳥獣の肉、卵、魚介類およびそれらの副生成物(ラード、ヘット、ゼラチン、肉エキス、鰹節・鰯・エビなどの出汁、魚を殺傷して得た魚卵などを含む)が含まれるものを口にしないのが一番ベジタリズムの強いベジタリアンになります。
基本的にはここまで厳しくなく、いくつかの乳製品などを食べているベジタリアンが多いのが現実です。

ラクト・ベジタリアン...野菜のほか、乳製品も食べる
オボ・ベジタリアン...野菜のほか、卵も食べる
ラクト・オボ・ベジタリアン...野菜のほか、乳製品と卵も食べる
ペスクタリアン...乳製品、卵の他に魚介類も食べる人

野菜のみを食べ、乳製品なども含む動物性の食品を一切摂らず、動物製品(皮革製品・シルク・ウールなど)を身につけない人もいて、彼らはヴィーガン(vegan)と呼ばれています。

このように、ベジタリアンといっても、野菜以外なにも食べないわけではなく、かなり柔軟性のあるものなのです。また、肉を食べなくても豆類や乳製品などで必要な良質な蛋白質を十分取ることができます。

野菜だけを食べる理由

ベジタリアンになる理由は、健康増進・維持のため、エコロジーへの配慮、動物愛護のため、その他、宗教・信条・思想などの理由からが多いようです。
最近増えている理由としては、健康のため、そしてエコロジーへの配慮という2つの理由が多いようです。

菜食主義のメリットとは

ベジタリアンの食事の特徴は、植物性食品をとること。植物性食品は、カロテノイドやイソフラボン、カテキンなどのファイトケミカル、食物繊維などが豊富で、肉食に偏った食事をする人よりは生活習慣病が少ないことが、さまざまな研究で示されています。

また、肉を食べて消化されるのに必要なエネルギーよりも野菜中心の食事で消費されるエネルギーのほうが少なくてすみ、無駄なエネルギー消費を抑えることが出来ます。結果的に安静的な落ち着いた精神を保つことができると言われています。