酒代の節約方法

酒代とつまみ代を節約して毎日楽しく飲みましょう

酒代の節約方法

お酒が好きだけど毎日飲んでいたらお金がかかりすぎてしまう、と考えている方は意外と多いものです。たまにならいいですが、毎日飲んでいると酒代が馬鹿になりません。どうにかして少しでも節約して楽しく財布にもやさしく飲みたいですよね。ここでは誰でもできる酒代の節約方法を解説していきます。

家で飲む

外での飲み会であれば仕方ないですが、数人でとりあえず飲むとか、一人で飲むのに外で飲んでしまうとそのコストがハンパではありません。だいたい適当に飲んでも3,000円は軽く超えてしまうのではないでしょうか。

これを家で飲むとしたら1000円程度まで節約することができます。こう考えるとたくさん飲んでも食べても外食で飲むのと比べるととにかく安く済むのです。ぜひ家で飲む習慣をつけて、友達を誘えるようにしておくと良いですね。

コンビニで酒を買わない

酒代節約には、そもそも酒の安い店で買う必要があります。帰りにコンビニによって買って帰るという人が多いと思いますが、スーパーや酒屋で買えば驚くほど安く買えます。というよりもコンビニが驚くほど高く酒を売っているのですから。

まずは安いお店で箱買いするようにしておくと良いですね。最近では送料無料でネット注文したほうが労力もかからずに大量に酒が買えるのでお薦めです。

焼酎、ウイスキーを飲む

酔っ払って気持よくなりたいなと思っている方はビールよりも焼酎やウイスキーにするだけでかなり安くあがります。
またビールが好きだという場合は第三のビールなどを買えば1缶100円程度で買えます。

酒自体を変えてみるだけでいつもよりも全然安くあがりますよ。

つまみは家にあるもので作る

揚げ物系は家で作ると大変だから惣菜でOK。しかしそれ以外のものであれば家で作ってしまったほうがいいです。煮物なんかはつまみだけでなく翌朝のおかずにもなりますしね。
居酒屋で食べる卵焼きなんて300円はしますが、家で作れば10個200円以下の卵で卵焼きが作れます。本当に家で飲むと酒代節約になりますよ。

またサラダなんかもパックで売ってますから、これであれば居酒屋レベルのサラダが食べられます。またお新香なども安いですよね。