ノンシリコンシャンプーの選び方

高くて種類も多いノンシリコンシャンプーの正しい選び方

ノンシリコンシャンプーの選び方

とにかく何でもノンシリコンシャンプーが良いという風潮になっていますが、実際はノンシリコンシャンプーがすべて良いというわけではありません。どんなものでも本質を見極めて選ばないとこだわっても無意味であるというわけです。ノンシリコンシャンプーの中でも良い物、悪いものがありますのでその判別方法と正しい選び方を解説していきます。

ノンシリコンシャンプーの良さは何?

シャンプーで洗ったあとに指通りを良くするコーティング剤です。シリコンが入っていると、洗浄成分でギシギシしがちな髪がツルサラになって使い心地や感じ方がよくなるんですね。だからシリコンが入っていたほうが髪がコーティングされて良さそうに感じるわけです。

ただ、シリコンが入っていると頭皮をコーティングしてしまって毛穴によくないという話もあって、今不要なシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが人気なわけです。またシリコンでコーティングされた髪はコーティングの影響でパーマがつけにくかったり、カラーが染まりにくかったりするようですね。

合成界面活性剤に注目

合成界面活性剤とは、シャンプーの泡立ちに役立つ石油系成分です。これで頭皮の汚れ皮脂などをごっそり落とすことが可能です。合成界面活性剤はほぼすべてのシャンプーに配合されています。成分名は『○○硫酸』という名前ですのでシャンプーの成分表を見てみてください。最初の方に書かれていればいるほど配合量が多いです

これはとても価格が安く作れる洗浄成分ですが、洗浄力が高すぎて皮脂を取りすぎてしまってフケが出てしまったり、髪がギシギシしてしまうことがデメリットです。このギシギシ感を抑えるのがコーティング剤のシリコンの役割なんですね。

合成界面活性剤は洗浄力が強いので毛が抜けやすくなったりと頭皮への刺激がとても強いのが特徴です。最近では薄毛の方にはお薦めできない洗浄成分です。

ノンシリコンシャンプーであってもこの合成界面活性剤が多く配合されているシャンプーの場合は頭皮には良くないんですよね。選び方のポイントは、ノンシリコンシャンプーであり、合成界面活性剤の入っていないものがベストということです。

髪の毛が細い方はノンシリコンシャンプーがお薦め

シリコンが入っていると髪の毛をコーティングしてその分重くなり、少し髪の毛が落ち着いてしまいます。しかしノンシリコンシャンプーだと髪の毛はふんわりと仕上がってボリュームが出ます。薄毛シャンプーなどにノンシリコンシャンプーが多いのはこのためです。

合成界面活性剤が入っていないシリコンシャンプーを選ぶ

基本的にベストはアミノ酸系のシャンプーですね。これは合成界面活性剤を使っていない変わりに洗浄力が劣り泡立ちが悪くなってしまうのが欠点ですが、頭皮には良いですし、シリコンがはいっていないシャンプーだとしても髪の毛がギシギシしにくいメリットがあります。

なのでノンシリコンシャンプーの選び方としては、まずアミノ酸系シャンプーであるかどうかがポイントです。ただし頭皮がスッキリするような爽快感はないのでそこは注意ですね。

安いものではメリットがノンシリコンシャンプー、弱酸性、アミノ酸、ということでお薦めですね。頭皮にはとても安しい成分で構成されていて、試しに使ってみて欲しいシャンプーNo.1です。