自動で定時に点灯・消灯するタイマー

夜間自動で点灯、消灯する間接照明をコンセントタイマーで実現する

自動で定時に点灯・消灯するタイマー

間接照明をコンセントにさして使っているけど、毎日ひとつひとつ電源を入れるのが面倒だし消すのも面倒という方はコンセントタイマーを使ってみてはどうでしょうか。これは自動で時間になったらついて、また時間になったら自動で消えるように設定できるスグレモノです。コンセントタイマーで複数のの照明を自動で点灯・消灯させることも可能です。これで手間を省いて雰囲気のある室内が完成です。

コンセントタイマーですべての間接照明をコントロール

コンセントタイマーには時刻設定をすることができ、ある時間になると通電させて、ある時間になると通電を切るということができます。
これを使うことで例えば18時になったら自動で間接照明のコンセント部分に通電させて、2時になったら自動で消える、ということが可能です。

しかもひとつのコンセントタイマーだけで複数ある間接照明を操作できます。

複数の間接照明の点灯時間を操作する方法

コンセントにコンセントタイマーを差し込んで、時間を設定してあげます。
続いて、コンセントタイマーに8口や10口の延長コードなどをさしてあげれば完成です。たったこれだけでこの延長コードに挿した間接照明は時間になると自動点灯と自動消灯となります。

消灯していときは電気が通電しないのでかなりの節電になります。アメリカでは照明は常夜灯があったりして昼間も電気をつけている家庭がありますが、現実問題として電気代がかかりすぎるので無駄は避けたいですよね。

これであればいちいち間接照明を手で付けてまわる、消してまわる必要がなくなります。なので夜間常夜灯という感じですよね。夜はできればオシャレな間接照明の灯りでゆったりと寛ぎたいものです。コンセントタイマーで複数同時につけてもっと照明を楽しんでみませんか。