IKEAの照明は暗い

IKEAの照明が暗い理由は日本の照明とは違う考え方だから

IKEAの照明は暗い

IKEAはいろいろな種類のシェードやスタンドから自由にセットを選べたり、完成しているスタンド照明やシーリングライトも驚くほど安いのにデザインがしっかりしていて安物に見えないのが特徴であり人気の秘密ですが、実際つけてみると暗いという感想が多いんですよね。

これを暗いと捉えるか雰囲気を出していると捉えるかは人それぞれ。また、IKEAの地元の照明の使い方も日本とは違うことを知っていましたか?

日本の照明が明るすぎるだけ

私たち日本ではもうすでにマンションに住んでいる方も多く、天井の照明をひとつつければ部屋全体が明るくなるのが当たり前になっていますよね。壁スイッチひとつでリビング、ダニングの天井照明をオン・オフできるので手軽に明るく出来るので手軽に部屋全体を強く明るくできます。

しかしIKEAの生まれたスウェーデンではそんな習慣はなく、生活できるレベルで明るければよいという考えだそうです。食事をする部分が明るくてほかは真っ暗でなければ支障はない。
もしテレビを見るならテレビの近くの照明をつければ良い、読書をするなら読書用の照明をつければよいという感じですね。

なので1灯だけで部屋全体を照らすのではなく、複数箇所に照明を置いて必要なところを明るくするというのがIKEAの照明が暗い理由なんです。

ポイントに照明を置いて照らすほうが雰囲気は良い

部屋全体を照らすと確かに明るいですが、壁やインテリア、観葉植物などの凹凸はなくなりのっぺりとしてしまいます。しかし間接照明としていろいろな場所に照明を置いてあげると、壁や天井を照らしたりして陰影ができ、雰囲気がよくなります。

暗いことがお洒落であるというのではなく、リズム感が出て陰影が現れるのがお洒落になる秘訣なんですよね。IKEAは暗い照明だから全然部屋が明るくならないというのではなく、複数の照明を用意してお洒落に壁や天井を照らして部屋に広がりを表現してみてください。

きっと部屋全体を天井から照らしていたときによりも雰囲気が出るでしょう。こうすると明るすぎた照明が眩しいと感じるから不思議です。心も落ち着くし、部屋を見渡してどこにどんな照明を置くかイメージしてIKEAに行ってみてください。

ポイントは少し多めに照明は買っておくことです。少ないと暗すぎて生活できないじゃん、と慣れていないせいか投げ出してしまう場合がありますので。置く場所の定番はソファサイド、テレビの両サイドかテレビの後ろ、部屋の角に背の高いスタンドライト、などです。場合によってはLEDのスティックライトなども間接照明としてとても役立ちます。IKEAのLEDは相当人気があるのでぜひ使って欲しいですね。