照明のシェードの選び方

照明を選ぶ基準はシェード選びが重要

照明のシェードの選び方

薄型の天井照明だけしかつけていないという方はあまり意識されない場合が多いですが、フロアスタンドやテーブルスタンドなどで使う照明では特にシェード選びが重要となります。シェードひとつで照明自体の雰囲気や部屋の雰囲気がガラっと変わるからです。

初めて選ぶときはどう選べばよいか、どのようなシェードがあるのかすらわからないでしょう。こちらで詳しく解説していきますので参考にしてください。

シェードの素材を選ぶ

シェードにはいろいろな素材が使われています。布製は一般的にですね。これに加えて紙だったり和紙、プラスチックあたりはけっこうメジャーですよね。和紙なら和室に合いそうだなとかわかると思います。

さらに木製や竹でできている温もりのあるものから金属系のツヤやヘアラインの入ったものまで種類は豊富です。インテリアでメインにしている素材似あわせてシェードを選びたいですね。

ここに色が加わるので、シェード選びは本当に難航するはずです。

ナチュラル系なら布シェード

部屋全体がナチュラル系ならシェードはだいたい布になってくるのではないでしょうか。ここに金属系シェードを合わせるのは至難の業でしょう。黒系のインテリアだったら金属でもまあ使えるかもしれませんね。

このように部屋全体のテイストに合わせてシェードを選ぶと自ずと絞られてくるはずです。あまり奇抜すぎるとほかのインテリアと違って浮いてしまうのだけ気をつけましょう。またある程度価格が安くても、置く場所や実際に照明として点灯してみると雰囲気が出て美しくなるから面白いです。

柄入りか、素材の製法かでバリエーションがでる

特に布シェードの場合、柄が入っていたりします。これだけで温かみや優しさが出せるので部屋は住まわれるご自身の性格や雰囲気などに合わせて選ぶだけでも居心地がとてもよくなるはずです。

また布ではプリーツ状にしてあったり、重ねる部分を作ったりと光の加減を作り出すものもあります。これでも照明の表情が変わります。

竹や木の場合はわざと隙間を作ったり薄くしたり厚くしたりして光の陰影を出します。ウッディーな温かみがとても印象記です。ちょっと価格が高めの印象ですがお気に入りのシェードを探してみてください。