歯石取り・除去 口臭の原因にも

歯石を取ることで虫歯予防や口臭予防になります

歯石取り・除去

歯周病や虫歯など、歯の健康を考えたときに必ず直面するのが歯石です。これを取り除くことで歯を健康な状態に保つことができます。そんな歯石取り・除去についてです。

歯石とは

歯石とは石のように硬いものが歯に付着していき、虫歯や歯周病の原因となるものです。
もともと歯垢という歯の垢が溜まり、そこに唾液の成分が加わり石灰化したものです。
歯磨きをしっかりとして、歯垢を溜めないようにすることが歯石を予防する最善の方法です。

歯石除去をするメリット

歯石取りはただ単に歯石を取り除くというだけでなく、定期的な検診によって磨き方が不十分な部分の指摘を受けたり、最悪虫歯になった部分の早期発見ができること、さらに虫歯だけでなく歯垢・歯石のレベルでの予防策が日常生活で身に付くことなどが挙げられます。

歯石取り・除去は健康な人で3ヶ月~半年に1度はするように心がけましょう。
何度か通うとどの程度の期間で通院すればよいかを教えてくれるでしょう。

検査

歯医者で歯石を取る前に、まずは歯石がどのように付着していて、歯と歯茎の中のどの程度まで入り込んでいるかを検査します。
歯石がひどい場合は、歯と歯茎の間のポケットの深さが深くなります。軽度であったり、改善されていくと、このポケットが浅くなっていきます。

歯石除去の方法

歯石はスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って除去されます。
スケーラーには手で歯石を削るように取り除くものと、超音波を使った電動のものがあります。
手で取る場合は歯石を手作業で削り落としていきます。
超音波のスケーラーでは超音波振動で歯石を粉砕して取り除きます。

自分で歯石除去をする

最近では薬局などで自分で歯石を取り除くことができる簡易的なスケーラーが販売されています。
これを使えば自宅で自分で歯石を取り除くことができます。
ただし、自分では見えない部分や、慣れていないために歯茎を傷つけてしまうことも十分考えられます。
歯石はとても硬く、力を入れて削るので歯肉を切ってしまうなどの事故もあり、できる限り専門家である歯科医を尋ねることをお薦めします。

ただし、前歯の下の歯の裏側など、鏡を使って見える部分だけ、という感じで日頃から歯石に対して気をつけていくことは大切です。