ドリエル 効果や副作用など

睡眠導入剤の革命

ドリエル

CMで放送して依頼、今まで不眠で悩んでいた方も最近寝つきが悪いと思った方も手軽にドリエルを手にすることができるようになりました。睡眠薬ではないドリエルの効果や効き目について副作用なども含めて解説していきます。

ドリエルとは

ドリエルとは、日本で初めて、2003年にエスエス製薬から発売された睡眠改善薬です。

睡眠改善薬が一般用医薬品として日本で発売されたのは、ドリエルが初めてです。発売開始から驚異的な人気を見せ、発売1ヶ月で1年分のドリエルの売り上げが達成されたそうです。

ドリエルは、「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」といった多くの現代人の抱える一時的な不眠症状を緩和し快適な睡眠を確保することを目的として発売されました。

それでは睡眠薬と睡眠改善薬の違いとはどのようなものなのでしょうか。

今までの睡眠薬とドリエルの違い


睡眠薬は医師の処方箋がないと買えません。
ドリエルのような睡眠改善薬は薬局で手軽に買うことができます。

このように今まで医師の処方箋なしでは買えなかった睡眠薬は、眠気をもたらすGABA受容体にさらに眠気を促進するものでした。
一方薬局で誰でも買えるドリエルは、目覚める物質を抑えて眠気をもたらすものなのです。

市販の風邪薬は服用後に眠くなるというものがありますよね。
その眠気作用をもたらすもの、それがドリエルの本来の姿です。
これは起きようとするヒスタミンニューロンの働きを抗ヒスタミン剤が抑えることで眠気をもたらすものです。

ドリエルは風邪薬の眠気作用を逆手に取ったものだったのです。

ドリエルの効果、効き目はあるの?

ドリエルの効果に関しては、個人差が強くでることがあります。
ドリエルを服用しても、全く眠気を感じない人も少なくないと言われています。
しかし、過去に風邪薬や抗ヒスタミン薬を飲んで、眠気を感じたことのある人に対しては、ドリエルが睡眠改善薬として効果的な睡眠をもたらしてくれるでしょう。
また、ドリエルは抗ヒスタミン薬ですから、精神神経用薬にみられる常習性もありません。

ドリエルはこのような症状に効き目を感じるとされています。

気になるドリエルの副作用は?

ドリエルの良さとは対照的に副作用が気になるところです。
基本的に正しい使い方をしていれば副作用はないといってもよいでしょう。
ですが、効き目が強いと感じてしまう人や用法用量を守らないような場合は以下の副作用があります。

ドリエルの主な副作用

飲み方と注意点

飲み方
寝つきが悪い時や眠りが浅い時、大人(15才以上)1回2錠、1日1回就寝前に服用します。

ドリエルの効果がピークになるのはドリエル服用後、約4時間後です。
ですから、4~5時間以下しか眠らないときは、薬が残っていて寝起きが悪いことがあります。

注意点
・ドリエルを飲んだら、車の運転はしないこと
・ドリエルを飲んだら、授乳しないこと
・睡眠改善薬を飲みつづけても不眠が改善されない場合や、長期連用する場合は、医師または薬剤師に相談すること