ジェネリック医薬品 普及率や問題点など

薬代が安くなるジェネリック医薬品のメリットやデメリットは?

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品はテレビやCMで名前だけは知っているという方も少なくないでしょう。物価が上がり税負担も大きくなっている今だからこそ、賢くジェネリック医薬品を利用してできるだけ家計負担を軽くしてみませんか?

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特許権の切れた新薬を多くの製薬会社が別に作った同じ効果のある薬です。一番最初に新薬として薬を作った会社には特許権があり、その権利は20~25年間あります。

この特許が切れたとき、その会社だけでなく他の会社も同じ効果の薬を作れるようになります。それがジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は基本的に最初に作られた新薬よりも2割~8割程度の価格に抑えられています。

ジェネリック医薬品はなぜ安いの?

新薬の開発には製造から実験を経て、さらにはその安全性を承認されるまでに10年以上の年月を要します。ですから、それにかかる開発費、人件費などは想像をはるかに超える額が費やされています。
その点、ジェネリック医薬品はその安全性と有効性が確認されている新薬を改めて作るわけですから、新薬ほどのコストがかからないのです。
もともと薬の値段は国に決められてしまうため、ジェネリック医薬品は新薬の2割~8割程度の価格に抑えられるというわけです。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は新薬とまったく同じように作られています。
効果や安全性に問題がないかを審査されてジェネリック医薬品として販売されるようになりますので、心配ありません。
また、過去に発売されているジェネリック医薬品を再審査するシステムもできあがっているので、ジェネリック医薬品の信頼度は高いと言えます。

ジェネリック医薬品を処方してもらうためには

今まではジェネリック医薬品を処方してもらうためには医師からジェネリック医薬品を処方してもいいという許可が必要でした。
2008年4月から、その方針を全く逆にし、患者がジェネリック医薬品を優先的に選べるようになり、ジェネリック医薬品ではない新薬を処方したいとする医師がいた場合は、医師が新薬を処方する、という欄にチェックを入れるように変更されています。