妊娠中の風邪薬 注意点など

妊娠初期は知らずに風邪薬を飲んでしまうことが多く不安になるでしょう

妊娠中の風邪薬

いつも何気なく飲んでいる風邪薬ですが、妊娠中に風邪をひいた場合、赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?妊娠中に飲む風邪薬の影響などをまとめました。

いつ風邪薬を飲んだか

妊娠中はその期間によって風邪薬による影響の度合いが変わってきます。妊娠3週目までは風邪薬による胎児の奇形などはあまり影響されないと考えられています。
ただし、薬の成分に残留性のあるものは注意しましょう。

妊娠4週目~15週目までは胎児の体がどんどん作られる時期ですので風邪薬の影響を受けやすくなります。奇形の心配だけでなく、風邪薬によね生命の危機にもさらされやすいので風邪薬は控えましょう。

妊娠16週目~分娩までは奇形の心配はほとんどなくなりますが、風邪薬の副作用が心配されます。長い期間ですが、妊娠中の風邪薬服用はできるだけ避けたいところです。

妊娠したのを知らずに風邪薬を飲んでしまった場合

妊娠がわかるのは月経がなくなって検査に行ったときでしょう。
その間に風邪薬を飲んでしまうと、その期間というのが一番風邪薬の心配される期間である2ヶ月目であることがほとんどです。

知らずにというよりも、気づかないで風邪薬を飲んでしまうので、後で妊娠を知って心配するケースが多いのですが、1度や2度風邪薬を飲んでも胎児への大きな負担がかかりすぎる、ということはあまり考えられないので、神経質になりすぎなように注意しましょう。

赤ちゃんへの影響について

一般的には妊娠中に風邪薬などを飲むと胎児に影響が出る、という考え方が広まっています。
実際はその通り服用はできるだけ避けるべきと考えるほうが安全といえます。

しかし、市販の薬や産婦人科などで妊婦に処方される薬を数回飲む程度であればあまり影響がないとされているようです。
ただし風邪薬を飲むような場合は、母体が危険にさらされているときを最優先にと考えられていますので、出来る限り体調管理を徹底し、栄養をとって風邪を引かないようにすることが大切です。