インプラント メリットや失敗、欠点なども

入れ歯ではなく自分の歯で噛みたいという方へ

インプラント

インプラントは、自分の歯と同じような感覚、見た目で入れ歯とは全く違う構造でとても人気がありますが、手術を要するために不安になる方や料金面が心配な方もいるでしょう。それらの不安を解消すべくインプラントについて解説していきます。

インプラントとは

インプラントとは、人口歯根のことで、歯がなくなってしまったとしてもそこに歯と同じようなものを埋め込むようにして代替させる技術です。インプラントを日本語に訳すと、しっかり差し込むという意味になります。

簡単にインプラント技術を解説するとすれば、顎の骨にチタンのネジを埋め込み固定させます。そこに自然の歯と同じような素材のものを被せ、周りの自然歯と変わらないようなものにします。

インプラントはブリッジや入れ歯と違って、周囲の歯に負担をかけないため、インプラント治療を受ける人は近年増加しています。

また、インプラント治療は顎の骨に埋め込むため、自分のものとして噛むことができ、さらにしっかりとしているため、違和感なく固いものも噛めるし、見た目も自然の歯と変わらないのも特徴です。

手術するほどのメリットとは

天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いものを噛むことができるようになる
噛む力は自然歯と変わらず、自然な紙心地を実現しています。これは顎の骨にインプラントを挿入して完全に固定しているからです。このため使っているうちにぐらついてくる、緩んでくるということがありません。

隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない

インプラントの場合、他の歯を削って新しい歯をはめたりすることはなく、入れる部分にだけインプラント治療を施すことで、今生えている歯には影響がありません。

見た目が天然歯に近い

インプラントでは顎に固定したあと、そこに被せる歯のような人口歯冠を被せます。外から見て不自然ではないものを選ぶことができるため見た目がよくなります。
インプラントは埋め込むため取り外す必要がない
入れ歯だとぐらついたり、がたついたり、何かの拍子に取れてしまったりしましたが、インプラントの場合は埋め込み式のため取れてしまうことはありません。

インプラント治療が難しい人

糖尿病

糖尿病が過度の場合、歯周病になる可能性が高くなってしまいます。また、インプラント治療をしたとしても、骨としっかり結合しないことがあります。インプラント治療が成功したとしても歯周病になってしまうと支えられなくなってしまうこともあります。

肝臓病

重度の肝臓病の場合、免疫力が低下しているために傷が治りにくく骨との結合がうまくいかない場合があります。

骨粗鬆症

骨がしっかりしていないとインプラント治療を行うことができません。医師との相談を要します。

高血圧

高血圧の場合、しっかりとコントロールできている人でないとインプラント治療が受けられません

インプラント体が骨と結合する仕組み

インプラントでは顎の骨に埋め込むということはわかりましたが、なぜそれだけでぐらついたりしなくなるのでしょうか。
それは埋め込んだインプラント体が骨とくっつくからです。

インプラントはチタンで作られています。
このチタンは体内に入ると排泄されることなく、骨とくっつくことができます。
チタンの表面には薄い酸化チタンがあり、それが骨と接着し結合が始まります。
このことでとても強い結合へと進んでいくのです。

このような強い結合で噛む力にも耐えうるインプラントが完成するというわけです。

インプラントの効果

インプラント治療によって、しっかりと自分の歯で噛むことができるようになります。
普通に噛むことができようになにると、食事がそれまでとは比べ物にならないほど楽しめるようになります。
また発音や見た目の良さというのも大きなポイントです。
入れ歯やブリッジからインプラントに変えると表情も明るくなり、性格が積極的になると言われています。

噛むことによってアゴの骨が強化され、骨粗鬆症のような減少を食い止めることができます。
筋肉や骨などの変化も現れ、インプラントしないでいると顔の左右対称のバランスが崩れることもあるようです。

インプラントは様々な面で見た目や精神的にも効果の期待できる技術なのです。

インプラントの安全性

インプラントが人体に及ぼす影響というのはチタンを使うようになってからほぼ問題ないと言われています。
チタンのアレルギー報告もありませんし、骨への影響もありません。

インプラント手術に関しても、それほど難しい手術ではないので、失敗するようなことはないでしょう。
また、このインプラント手術による体への副作用もありません。

インプラント手術をして、10年~15年間しっかりと機能するインプラントを維持できる確率は90~95%程度といわれています。
高確率ですが、生活習慣病や喫煙、歯周病などに気をつけて定期健診を欠かさずに受けることが大切です。

インプラント手術にかかる費用

インプラントの費用は健康保険適用外のため、病院によって設定料金が違ってくるため一概にいくらとは言い切れません。
インプラント手術にはいろいろとお金がかかる部分全体が保険適用外のため、多額の費用がかかります。

まずインプラント体と手術費用として30万円程度、被せる部分は10万円程度かかります。
その他麻酔や定期健診などもかかってきます。

病院によっては定期メンテナンスやトラブルのアフターケアは無料だったりもしますので、このようなことを事前に確認しておくとよいでしょう。

インプラントを入れる部分によっては、奥歯の場合は目立たないので安いインプラントで済ませたりすることもできます。医師との相談の上費用を節約できるようでしたら考えてもいいかもしれません。