目薬の正しい使い方

目薬の正しい使い方を覚えましょう

目薬の正しい使い方

疲れ目やドライアイなどで目薬を使う方は多いですが、実際に正しい使い方を実践している方はどれくらいいるでしょうか。もう一度使い方を見直してみませんか?

目薬の正しい使い方の流れ

  1. 手を洗い清潔な状態にする
  2. 下瞼を下に軽く引き1滴点眼する
  3. 点眼するときは容器が目やまぶた、まつげにつかないようにする
  4. 1滴点眼したらまぶたを静かに閉じる
  5. このまま1分~5分目を閉じる
  6. まぶたから溢れた目薬は皮膚炎や色素沈着になるので拭きとる

目薬を使う上で注意したいこと

まずは目薬自体と目そのものに対して雑菌を寄せ付けないことです。
手洗いは基本的なことですがしっかりとしておいてください。目薬をさすということは目の炎症など弱っていたり怪我のような状態になっていることが多いです。

また目薬が容器内で汚染されることは必ず防ぎましょう。一番は目薬の容器が目にまぶた、まつげについてしまうことです。近くから出ないと目に入らないからという理由でできるだけ目に近づけてしまいがちですが、これが原因で目薬が細菌や雑菌に汚染されるケースが多いのです。

点眼は1滴で目全体に行き渡るように設計されているので物足りないからといって2滴点眼したりするのはやめましょう。
点眼する量を多くして目薬を使えば効果が高いというわけではありません。一滴で良い、というのは知らない方が多いかもしれませんね。