目薬の保存方法と使用期限

目薬はどこでどれくらい保存できるのでしょうか

目薬の保存方法と使用期限

目薬って少量しか入っていないですが、実際に使うと1滴ずつしか使わないのでそんなに減らない場合がありますよね。開封時と同じような効果を持続させるための保存方法といつまでなら使えるかという使用期限について解説します。

冷暗所で保管する

目薬に書かれている保存方法に従って保存してください。
基本的には、冷暗所にて保存となっているはずです。多くの人が冷蔵庫に保管しているのはこのためですね。
特に直射日光を避けて涼しい場所に置いておけば問題ありません。逆に車中に置きっぱなしにすることで目薬の温度が70度以上に上昇してしまう恐れがあるため放置しないようにしましょう。またそうなった目薬は破棄してください。

安全に目薬を保存する

使い終わったらキャップをしっかりと閉めて、一緒についてくる小袋に入れて保存します。
救急箱に入れている場合は開封したシップと一緒に入れているとメントール成分が目薬に浸透してしまう可能性が高くなります。別々に保管したほうが安全です。

原則1ヶ月で使い切る

目薬の説明書に特別に書いていない限り、目薬の使用期限は1ヶ月程度と考えられます。

目薬は開封されるまでは無菌状態ですが、一度開封すると使用するたびに空気に触れることとなり無菌状態は長く保てなくなります。
ここで防腐剤が重要になってきます。防腐剤のお陰で抗菌力を保つことができます。目薬の状態を安定に保つことも可能ですが、防腐剤が目に完璧に無害ということはありません。

ドライアイの方は防腐剤が入っていない人工涙液を使う必要があります。それほど目薬はデリケートなものであると考えてください。