スカルプDの効果と効能

スカルプDの成分から効果を見極めましょう

スカルプDの効果と効能

スカルプDは吉本芸人が出演するCMで爆発的な売上を見せているシャンプーです。CMでは髪の毛がフサフサになった芸人たちがヘアスタイルを楽しんでいるのも伺えます。本当に毛がフサフサになる効果なんてあるのでしょうか。成分や使い方、口コミを参考に詳細をまとめました。

スカルプDの成分

スカルプDの成分でいちおしなのが、豆乳発酵液だそうです。保湿効果があり、頭皮ケアの効果があるそうです。
そのほかにも頭皮を保湿するために高麗人参などの成分が配合されています。基本的に頭皮を保湿することに重点を置いていることがわかります。

その他の成分は、ボリュームをだしたりかゆみを防止したり消臭効果を保つような成分も配合されています。薄毛が気になる方の多くは頭皮がベタついていることが多いので、これらは最低限欲しい成分ですよね。

吉本 雨上がり決死隊の宮迫さんの髪の毛

スカルプDのCMが始まって、それから宮迫さんをテレビで見ると髪の毛がかなり生えているように感じませんか?これがスカルプDも効果なのか、と思われる方も多いでしょう。
実際にCMをやる前と後だと全然違いますよね。

特に多忙を極める宮迫さんの場合は頭皮が絶対に最悪の状態だったでしょう。スカルプDを使うことで頭皮は通常のきれいな状態になり、抜け毛がまず少なくなり、育毛環境が整ったと考えられます。

スカルプDの洗浄効果と保湿効果

スカルプDは頭皮の余分な脂を取り除く効果が高く、強力洗浄して頭皮環境をスッキリさせます。頭皮の余分な脂は毛穴を詰まらせて抜け毛の原因になることはもうご存知ですよね。まず最低限毛穴の汚れは全てしっかりと除去できないと話にならないのです。

さらに成分のところで書きましたが、スカルプDはとにかく保湿を全面に推し出しているのは理解されたと思います。なぜ保湿が必要かというと、強力洗浄でしっかりと頭皮の脂を除去したあとに頭皮を保護する必要があるからです。

洗顔後に化粧水や保湿クリームなどでしっかりといたわってあげることが大切なのは普段していなくても女性をみていればわかりますよね。頭皮もちゃんとケアしたあとは守ってあげることが大切です。
スカルプDには脂を洗い流し、同時に頭皮を保湿する効果があるので、シャンプーするだけで頭皮環境が最適な状態になるのです。これがスカルプDの一番大きな効果ではないでしょうか。

また、見た目にも髪がフサフサさせるために髪のボリュームアップ効果があるアミノ酸が配合されています。これによってハリとコシが向上します。

スカルプDを効果的に使う洗い方

スカルプDは男性の頭皮の状態を考えて作られていますが、しっかりとしたシャンプーの使い方をしないと効果が半減します。ここではスカルプDの使い方を解説します。
シャンプーは基本的に毎回2回行います。これはスカルプD以外のものを使っても同じです。

1度目のシャンプー

  1. ポンプから1プッシュか2プッシュします。髪の長さや量で調節してください。
  2. 手のひらにシャンプーを広げて手・指全体に馴染ませます。
  3. 後頭部、側頭部、頭頂部の順に泡立てて洗います。
  4. 最後に前頭部です。

1度目のシャンプーではしっかりと泡立たないのではないでしょうか。これは髪についた脂やホコリ、ゴミなどで水とシャンプーがしっかりと髪や頭皮に馴染まないためです。
1度目のシャンプーは頭皮ではなく、髪の毛についた汚れを取るものなのです。このように髪の毛がきれいになると頭皮にシャンプーやシャワーが届きやすくなり2度目のシャンプーが効果的に行なえます。

2度目のシャンプー

2度目はポンプから出す量は少なめで大丈夫です。1度目の半分程度で十分泡立ちます。
洗い方は1度目と同じ順番で洗いましょう。

親指以外の指の腹を頭皮につけて、触る程度で頭皮を洗っていきます。指を頭皮に押し当てるようにすると刺激が強すぎますので気をつけてください。

最後のすすぎ洗い

一番最後のシャンプーのすすぎ洗いは入念に行います。特に髪の毛もそうですが、頭皮にしっかりとシャワーを当てて泡が残らないようにします。
髪の間に指を入れて、頭皮についた泡を洗い流していきましょう。シャンプーよりもすすぎ洗いに一番時間をかけてください。

スカルプDは正常な頭皮環境にしてくれる

スカルプDによって余分な皮脂や毛穴に詰まった汚れはしっかり取れるでしょう。さらに保湿して頭皮環境を整えてくれます。
これによって抜け毛予防の最低ラインが出来上がります。その状態にならないと、育毛剤などの効果は100%実感できないでしょう。

スカルプDはシャンプーとしては価格も高めでしたが、価格改訂があり、以前に比べて購入しやすくなっています。悩んでいる方はぜひ一度使ってみてください。