育毛 リアップ、シャンプーなども

抜け毛を防げ!強く育てろ!

育毛

ある程度の年齢になると薄毛が気になります。育毛をすることで誰でも強い髪を育てていくことができます。

そもそも育毛とはどんなものなのか

育毛とは、読んで字のごとく、髪を育てることです。さらに、育毛とは、今生えている髪を育て、抜けにくくしていくことが目的になります。 どのようにすれば髪を育て、抜けにくくなるのでしょうか。

それは髪の毛に栄養を与えてあげることです。髪の毛に栄養を与えることで、健康な髪の毛に育ち、結果的に抜けにくい髪の毛になります。これが育毛の簡単な仕組みです。

髪が健康になると抜け毛が減り、数年後には何もしないよりも多く髪が残り、結果的に髪が増えることになります。

基本的な育毛の方法

育毛の方法は、市販の育毛剤、育毛シャンプー、育毛石けんなどで自分でケアをするものと、育毛サロンや育毛クリニックなどがあります。

育毛により、健康になった髪は正しいヘアサイクルにもどります。そして抜け毛が減ります。
抜け毛が減り、その後髪を保つことが出来ます。

また、抜け毛対策としては、育毛剤などでケアしてあげるととともに、ストレスや生活習慣も抜け毛の原因になりますので、それらを改善する必要もあります。

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーには、育毛剤の補助的な機能を果たし、さらに育毛剤の働きを促進する働きがあります。

石油系の育毛シャンプーは洗浄力が優れているので、頭皮が脂性でベタついたフケが出る人にお勧めです。

石けん系の育毛シャンプーは、髪や頭皮への負担が少ないのが長所です。

高級アルコール系の育毛シャンプーは、適度な洗浄力があり、髪への負担も少ないといえます。皮膚が弱い人や、湿疹ができている人は、低刺激性の乳児用ボディシャンプーを使うと良いでしょう。

育毛シャンプーの洗い方

まずはシャワーで髪、頭皮を十分に予備洗いしましょう。

予備洗いが終わったら湯船に15分~20分浸かります。湯船に浸かる事によって 血行を促進する効果と、発汗による毒素排出、頭皮の汚れを浮き上がらせる効果があります。

育毛シャンプーを手に取りよく泡立て頭皮を洗いましょう。
髪というよりも、頭皮を洗うことが目的ですので、特に前頭部から頭頂部は角栓様物質が多いので指の腹で頭皮を痛めないようにやさしく揉み出すように洗いましょう。

抜け毛の原因となる余分な皮脂と角栓様物質を揉み出すことによって、抜け毛防止に繋がり毛穴の目詰まりがなくなるので育毛剤の吸収も良くなります。

育毛剤とは

育毛剤は抜け毛を予防、フケやかゆみを抑え育毛を促進する効果が期待出来、今生えている髪の毛を育てるものです。

また、毛母細胞の働きを鈍くし男性ホルモンの働きを抑制するものや、 頭皮の血液循環を良くし、毛乳頭への栄養補給を多くすることで毛髪の成長を促すもの、糖分、ビタミンなどの栄養分を補給し、毛母細胞に直接働きかけ活性化させるもの、過剰な皮脂の分泌を抑制するものがあります。

育毛剤に含まれる成分が、血行を促進させ、毛乳頭が正常に働くようになり、毛根の代謝を促進させます。

抜け毛を防ぐ、食い止める

洗髪は毎日必ずしましょう。
また、毎日洗髪していても、自分の髪や頭皮に合わないシャンプーを使ったり、十分なすすぎを怠ったり、地肌を痛めるような洗髪は悪影響を及ぼします。
シャンプーをすることで抜け毛を気にしている人がいますが、不十分なシャンプーだと汚れがきちんととれませんし、またすすぎが弱いと汚れが頭皮に残ったままになってしまいます。
また、自然に抜ける毛は数百本とあるので、今後のことを考えても、頭皮を清潔に保つということでしっかりと洗いましょう。

血管を収縮させ血行不良の原因になるタバコも良くありません。
毛は血行がよくなってこそ元気に活動します。育毛剤などでケアしていても、タバコで血行が悪くなってはその効果も期待できないでしょう。

そして生活習慣を正しくすることが最低限必要です。
睡眠時間が少なかったり、食生活が乱れることによって抜け毛は確実に増えます。
抜け毛だけでなく、健康面から考えても、基本的な生活習慣を立て直しましょう。
また、できるだけストレスをためないようにスポーツなどで発散させましょう。
ストレスも抜け毛の大きな原因の1つです。