薄毛対策にはシャンプーリンスをしすぎないこと

育毛や発毛のためにシャンプーやリンスをしすぎていませんか

薄毛対策にはシャンプーリンスをしすぎないこと

薄毛で困ってる、抜け毛がすごい、頭皮がべたついてるからこれが原因かな、と思ってしまいますが、実際は頭皮が問題ではないことが多いんです。だからシャンプー、リンスは毎日一生懸命すべきではないのです。

シャンプーで洗いすぎると皮脂が減りすぎる

頭皮がべたついて皮脂で毛穴が詰まってしまうことで薄毛になったり抜け毛が増える場合もありますが、シャンプーで洗いすぎると皮脂が落ちすぎてしまう場合があります。こうなるとさらに皮脂を補充しようとして皮脂分泌が過剰になってしまいます。これは避けたいところです。

また発毛というのは皮脂のつまりを解消すべきではありますが、それよりも頭皮の栄養がしっかり届いているかどうかなんですよね。単純に言えば血液がしっかりと頭皮にも行き渡っていると栄養素、酸素が行き渡って髪の毛も健康な状態を維持できるわけです。

シャンプーは基本的に2日1回程度で大丈夫です。また2回洗い流す人がいますが、それは頭皮の皮脂を考えると洗いすぎです。場合によってはお湯だけで頭皮をマッサージするだけでしっかりと洗えるのですからシャンプーを使いすぎるのは良くないのです。

特に合成シャンプーには界面活性剤が入っていて頭皮には最悪の状態にさせてしまうのでさっぱりする程度に利用していくほうが発毛、育毛という点では良いのです。

短髪の場合はリンスは不要

男性の場合髪の毛が短い場合が多いのでリンスはしないほうが発毛や育毛には良いでしょう。というのもリンスも界面活性剤が入っていますからハゲを促進してしまう場合もあるのです。特にリンスはシャンプーよりも界面活性剤の量は多くなっているようです。

リンスは基本的に毛先に使い傷めないようにするためのもです。短髪であれば皮脂がしっかりと髪の毛をコートして傷みにくくなるのです。リンスは髪が長い人が使うことで髪の痛みを補修していくものなのです。

できるだけ無駄で危険なものは排除していくことが育毛、発毛に必要なのです。

シャンプーの泡立ちをよくする方法

薄毛対策にしっかり皮脂をとるために2回シャンプーを連続でする人がいます。そもそも皮脂がすごいと一度目のシャンプーではなかなか泡立たないというのが現実でしょう。

しかしここで一度のシャンプーでしっかり泡立ててシャンプーできる方法を解説します。

まずはシャワーで温かいと感じる程度の温度で頭を流します。頭皮にもしっかりと水がいきわたったら、シャワーを頭に当てながらやさしく頭皮をマッサージするようにして皮脂を洗い流していきます。実際にこれで頭の脂はかなりとれています。頭皮や髪にもしっかりと水分が行き渡っているのでシャンプーの泡立ちも二度洗いのときとほぼ変わらない感じでしょう。

しっかりと頭皮を温かいシャワーでマッサージすることで血行も良くなりますしこれはぜひやってほしいですね。すすぎのあとにも頭皮にリンスなどが残らないようにシャワーを当ててマッサージするようにして清潔に洗い流してください。

これで高いシャンプーでも無駄に使わずに効果的にスッキリ洗い上げることができます。