合成界面活性剤は細菌を増殖させる

合成界面活性剤により細菌が発生し薄毛になる

合成界面活性剤は細菌を増殖させる

市販のシャンプーにはほぼ必ず合成界面活性剤が含まれています。これは頭皮の洗浄力を高めるために必要になりますが、育毛や薄毛対策のためにははっきり言うと悪でしかありません。さらに細菌の増殖まで助長させてしまいます。

なぜ細菌が異常に繁殖してしまうのか

合成界面活性剤の入ったシャンプーを使うと異常に皮脂を取り除いてしまいます。そうすると頭皮は異常に乾燥してしまいます。こうすると角質層にも異常がでてきます。
そうなることで細菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

細菌が繁殖してしまうのは頭皮の環境が合成界面活性剤によって正常な状態でなくなっているからなのです。

細菌が増殖してしまうとかゆみやフケが増えていきます。シャンプーが頭皮に合わない、薄毛対策にしたいと思っている方は合成界面活性剤が入っていないシャンプーがお勧めです。

合成界面活性剤の成分名称

  1. ラウリル硫酸ナトリウム
  2. ラウレス硫酸ナトリウム
  3. ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  4. パレス・べヘレス

これらが含まれているシャンプーは使わないようにしましょう。

さらに合成界面活性剤は頭皮から吸収されてしまいます。これが蓄積されることで毛乳頭が消滅しハゲます。

だからこそ安全なシャンプーを使う必要があります。薄毛に悩んでいる方は合成界面活性剤が入っていないシャンプーを使いましょう。

じゃあ安全なシャンプーって何?

基本的に数百円で売っている市販のシャンプーは全て合成界面活性剤が入っています。じゃあ何が安全なシャンプーなんだ、というとやはりアミノ酸系のシャンプーか石鹸シャンプーです。

ただし石鹸シャンプーは皮脂を落としすぎて頭皮の乾燥を引き起こしたり、髪の水分量を持って行ってしまうため、できれば高いですがアミノ酸系洗浄成分が入ったシャンプーを使うようにしましょう。

価格は2,500円程度と高いのですが、頭皮と髪の毛のことを考えるとアミノ酸系シャンプー一択になるでしょう。