シャンプーしても頭皮が痒い

シャンプーによっては薄毛になりやすくなってしまいます

シャンプーしても頭皮が痒い

さっきシャンプーしたばかりなのに頭皮が痒くてフケがでるんだけど・・・と思ったら今すぐシャンプーを変えて下さい。確実にハゲが進行してしまうシャンプーです。それがフケ・かゆみを抑えると言われていたとしてもです。

なぜシャンプーしたのに痒くなるのか

シャンプーには合成界面活性剤が含まれています。ほぼ全てのシャンプーに入っていますが、これが何かというと洗浄力を高めるために入っているのです。だから泡立ちや皮脂を落とすためには絶対に必要になってくるような成分なんですね。

しかしこの合成界面活性剤は過度に入りすぎていると余計な皮脂などを落としてしまう他、頭皮に吸収され毛の成長を阻害し抜け毛の原因になる場合があるのです。

そもそもフケが出るということは頭皮に何らかの異常がシャンプーによってもたらされているということなんです。だからこそそうなったらすぐに今使っているシャンプーを辞めたほうが良いということになります。

洗浄力の強い男性向けシャンプーはやめたほうがいいかも

特にトニックシャンプーやサクセス、OXYなどの男性向けの皮脂を落として清涼感をだしているようなシャンプーの場合、合成界面活性剤を大量に強めに使っている場合が多いです。ほぼ全てがそうなっています。だからこそ皮脂が大量に取り除けるわけです。

しかし皮脂がなくなってしまうと頭皮は何も保護されないままになってしまうため当然毛根にも負荷がかかり、さらに合成界面活性剤によって頭皮の環境が悪化しハゲの原因となってしまいます。

ですからこれらのような洗浄力の強いシャンプーを使っていて痒みを感じたらすぐに使うのを辞めましょう。ただしほぼ全てのシャンプーに合成界面活性剤は入っていると考えて良いので、合成界面活性剤が強くないシャンプーを探すことが大切になります。

低刺激、弱酸性、アミノ酸シャンプーがお薦め

どれとは言えませんが、とりあえず低刺激のシャンプーは大前提ですね。しっかりとシャワーで頭皮を揉みながら流すだけでも皮脂汚れは落ちますしフケ防止にもなります。その上で低刺激のシャンプーであればしっかりと頭皮は綺麗になるのです。

さらに弱酸性であることが頭皮環境には優れていて、成分としてはアミノ酸が入っているものも薄毛対策には良いとされています。

男だからといって男性向けの洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていると、知らず知らずのうちに薄毛を早めている可能性がとても高いということなのです。