ドライヤーでは禿げない

ドライヤーを使ってハゲ予防

ドライヤーでは禿げない

ドライヤーは熱で地肌を傷めてしまいハゲにつながってしまうと考えられがちですが実際はそうではありません。お風呂上りはドライヤーでサッと乾かしたほうがいいのです。育毛していきたい方はドライヤーを正しく使ってください。

完全に乾かさないと禿げる

ドライヤーは熱風を直接地肌に当て続けると当然ですがハゲる原因になるでしょう。しかしそんな使い方する人はいないですよね。

逆に髪がしっかりと乾かずに地肌が濡れた状態のままになると、水分が気化して頭皮の温度が下がります。そうなると血行が悪くなって血液から栄養を得て伸びている髪の毛に成長するまでの栄養素が行き渡らなくなり抜け毛が増えます。

結果ハゲを助長します。

タオルドライをしてある程度水分を取ってからドライヤー

お風呂からでたあとはタオルでしっかりと髪の毛の水分を吸い取ってからドライヤーで一気に乾かします。当然頭皮にずっと熱風は当てません。
高温、長時間、近づけすぎないように気をつけて素早く乾かせば大丈夫です。

要するに頭皮の血行を悪くすることを避けるためにドライヤーで乾かしてしまったほうがハゲるリスクは小さくなるのです。

頭皮を乾かす程度を覚える

髪の毛は乾いているけど、頭皮近くの根本部分は乾いていない、そんな場合があります。これは頭皮が熱くなり傷んでしまうのを防ぐために自分でセーブしてしまうのです。

これはできるだけ遠くからドライヤーを当ててあげて、全体的に乾いてから一度頭皮の乾燥具合を確認してからもう一度乾かしてあげるとよいでしょう。特に湿っている部分を重点的に乾かす感じです。

このようにドライヤーは頭皮のジメジメした状態をしっかりとかわかすことができるため髪の毛が少し長い人は男性でも毎回使うことが必須と言えます。自然乾燥は頭皮の雑菌を増やすだけですから、絶対に避けたいところです。