有酸素運動でハゲ予防

いつもよりも少し歩いてハゲ予防

有酸素運動でハゲ予防

デブはハゲるというイメージがありますが、実際全員がそうではないものの、太っていることでハゲる原因は揃ってしまいます。血液がドロドロになって栄養素が頭皮の毛根までしっかり届かないため薄毛になってしまうのです。では有酸素運動をするとどのように薄毛に効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

運動することで血行がよくなる

ただ温泉に入ったりサウナに入って血行促進をしてもその場だけです。ハゲは毎日毎秒進んでいると考えてください。だから生きている間、しっかりと血行が良い状態に保てる体が必要なのです。常に血行が良好であれば頭皮の血行も良くなり常に血液に乗った栄養素が髪の毛にも届くのです。

血行を安定させるためにはやはり有酸素運動を定期的に行う必要があります。と言っても走る必要はなくウォーキング程度でよいでしょう。まずは毎日30分歩くようにするだけでも体は変わります。

痩せてハゲ防止になる

太っているとどうしても血液はドロドロになりがち。そうなると栄養素は髪の毛まではスムーズに届かなくなりハゲる確率が高まります。
ウォーキング程度だとしても今までしていなかった運動で消費カロリーが増えて確実に体に良い影響が現れます。

体脂肪は減り血液もサラサラになっていくでしょう。だからこそ食事制限を無理してやるのではなく運動をして血行をよくしつつ、体脂肪を減らして血液もサラサラにしていくことが効率的なのです。

新陳代謝が高まるので若々しくいられる

頭皮をはじめとして全身の新陳代謝が高まるので老廃物をしっかりと出して健康的でいることができます。皮脂の分泌も正常になり、頭皮環境を綺麗に整えてまた新しい皮脂によって頭皮が保護され、運動して代謝が良くなり、また頭皮をキレイにして、という良い循環になりハゲ予防になります。

何よりも健康でいられることが重要です。ハゲ防止を考えているのであれば今日から30分は歩くようにしましょう。