男の正しい洗顔方法

男の洗顔方法を詳しく解説

男の正しい洗顔方法

男性の場合は皮脂の分泌量が多く、10代からゴシゴシ洗って皮脂をゴッソリ洗い落とすのが習慣になっていると思います。実はこれは間違いで、優しく洗うのが正解。正しい洗顔方法を解説します。

洗顔は朝と夜の2回でOK

洗顔の目的は、外気の汚れやホコリ、皮脂や雑菌、古い角質を落とすために行います。夏場は皮脂が多くなりますが、洗顔し過ぎるとさらに皮脂を補おうとして皮脂分泌量が増えてしまいます。汗を拭き取るなどして、洗顔自体は朝と夜にします。

洗顔しないで放置された肌は雑菌が繁殖しニキビや肌荒れなどの原因になります。ただし洗顔していればニキビが防げるかというとそれも違います。こちらはまた別のところで解説します。

泡立てることが大切

石鹸や洗顔フォームはモコモコの泡を作ることが大切です。特に洗顔フォームは扱いやすいですが手に出して軽く伸ばしてそのまま洗顔してしまう方が多く、これでは泡立ちもしていないので肌への刺激が強すぎます。

固形石鹸でも洗顔フォームでも、まずは泡を作ることからはじめてください。泡立たせるのが苦手な方は泡立てネットがありますのでこれを使うと簡単にモコモコの泡がすぐに作れます。

泡で包むようにして洗顔する

しっかりと泡立てたら、顔に泡を乗せて洗顔します。このとき手を顔に強く擦るようにしないこと。泡だけでマッサージするようにしても汚れはしっかりと落ちます。ゴシゴシと洗うのに慣れてしまうと物足りなさを感じますが、肌への刺激はそのまま肌の色ムラに繋がります。いつまでも綺麗な肌を維持するためにはやさしく洗うのがポイント。

重点的に洗うのはオデコと鼻のTゾーン。一番皮脂が多く、まずはここから洗っていきましょう。つづいてアゴのUゾーン、頬に泡を乗せて洗っていきます。
最後はぬるま湯ですすいで、洗顔完了です。

タオルドライは優しく

洗顔後はタオルでゴシゴシ拭き取るのはダメです。これも刺激が強すぎて肌に色素沈着を起こす可能性大です。
タオルは水分を吸収させるようにして優しく拭いてあげます。

男の洗顔料の選び方

皮脂が気になる方は固形石鹸がお薦め

固形石鹸は使いにくくて今ほとんど使っている男性はいないかもしれませんね。女性では成分等を考えて固形石鹸を使う方はかなり多いです。
実際に固形石鹸と洗顔フォームの違いを見ると、固くて良いため固形石鹸のほうが素材に油分を使わなくて済むため、洗いあがりがスッキリします。

固形石鹸に関しては泡立たせるのがとても難しいので泡立てネットを使ってください。しっかり泡立てて泡洗顔をすると、意外にもさっぱり感を感じると思いますがこれは洗浄力が高く皮脂を残さないためです。夏場など特にお薦めです。

洗顔フォームは保湿ケアも考える

男性用洗顔料としては洗顔フォームが一般的で、これしか使ったことがないという方も少なくないでしょう。チューブから出して水をつけてすぐ使えることと持ち運びが簡単なことからこれほど便利な洗顔料はないですよね。

洗顔フォームはクリーム状になっているので、少ないですが油分や水分などが含まれています。そこに同時に保湿成分も入っていることが多く、乾燥肌の方や冬の乾燥する季節などには有効です。

ポイントとしては成分をしっかりと見極めて肌に合うもの、今後ケアしたい肌のトラブルを改善できるものを選ぶことです。