男性の脂性肌のスキンケア

皮脂が多い男の専門スキンケア方法を解説

男性の脂性肌のスキンケア

男性のほとんどが脂性肌です。10代から30代まではずっと皮脂が大量に分泌されています。朝晩の洗顔でしっかりと皮脂を洗い落としますが、落とし過ぎは更なる皮脂分泌を招きます。肌を清潔にしつつ過剰に皮脂を出さないようにケアすることが大切です。

脂性肌とは皮脂分泌が過剰な肌

10代から男性ホルモンによって肌の皮脂分泌が多くなります。一般的には20代までは脂性肌であることが多く、顔がテカテカしていつもフェイスシート゛手放せないという方も少なくないはず。
特に脂性肌の場合、皮脂が多く毛穴が詰まってニキビができやすかったり毛穴が開いてしまったりとトラブルは絶えません。

基本的に多くの男性は脂性肌ですので同じような皮脂の悩みを皆持っていますから安心してください。

脂性肌の原因

脂性肌の原因は男性ホルモンや体質が一番影響していますので大きな体質改善は難しいと言えます。
ただし外的要因もあり、こちらは自分で改善が可能です。

食事で皮脂を調節

まずは一番簡単な食事から。脂の多い食事、スナック菓子などを食べる量が多くなると皮脂も多くなると言われています。皮脂だけでなく皮下脂肪や内臓脂肪も増えてスマートな体型維持は年々難しくなるでしょう。食事の改善はスキンケアだけでなくカッコイイ体を作る上でも必須事項です。

皮脂は拭きとりすぎないようにする

またフェイスシートで毎日何回も拭き取っている方は要注意です。肌は皮脂があることが通常の状態です。皮脂がなくなると肌は皮脂を分泌しようと活発に働きは始めます。皮脂を取り過ぎると皮脂分泌量がさらに増えてしまうのです。
ポイントはあぶらとり紙を使うことです。あぶらとり紙は肌表面の皮脂のみを取りますのでこの程度では皮脂不足にはなりません。

ストレス解消で皮脂予防

またストレスによる影響も皮脂分泌に影響しています。まずはストレス発散やストレスを軽減できる環境づくりも考えてみましょう。

脂性肌がもたらすトラブル

ニキビやテカリ、毛穴の開きや薄毛などが脂性肌によって起こります。先ほどの脂性肌の原因を取り除くか軽減することで対応してください。特に30代前半までは脂性肌の方が多いので注意が必要です。

脂性肌のスキンケア

顔がベタベタするからといって一日に何回も洗顔するとかえって皮脂分泌を高めます。洗顔は基本的に朝晩の2回に留めます。皮脂を落とそうとしてゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけるほかさらに皮脂が出る可能性があります。
しっかりと泡立てて泡で包むように洗いましょう。特に洗浄力が高く油脂もほとんど含まれない固形石鹸がお薦めです。

洗顔後はすぐに化粧水で保湿します。洗顔後は皮脂がなくなっていて、肌が乾燥することで皮脂が分泌されやすくなります。早めに化粧水をつけて肌を安定させてあげましょう。
化粧水でお薦めなのはビタミンC誘導体配合のもので、皮脂分泌量をコントロールしてくれます。またニキビ予防にも効果があるので脂性肌の方には最適な成分です。

朝晩この洗顔と化粧水ケアだけでも脂性肌の改善には役立ちます。生活習慣を見直して脂性肌の悪化を防ぎましょう。
ちなみに30代からは皮脂分泌量が次第に減り、40代になると乾燥を感じることもあります。