男性ホルモンが減ると・・・

男性ホルモンが加齢とともに減る

男性ホルモンが減ると・・・

男性ホルモンは加齢によって減り続けます。30代まではゆるやかに減りますが40代になるとかなりスピードを上げて男性ホルモンが減り、体質が変わります。

男性ホルモンが減ると体質が変わるほど変化があるわけで、当然弊害は多数出てきます。また、スポーツをしたりすることで男性ホルモンの減少は食い止めることが可能です。

では男性ホルモンが減るとどうなるかを見て行きましょう。

男性ホルモンが減ると鬱になる

男性も更年期があることは最近だとよく知られるようになって来ました。もともとは女性に特有の更年期障害でしたが、男性も男性ホルモンが減少することで更年期が訪れます。
そうなると集中力が低下し自分に自信が持てなくなります。男性ホルモン減少によって身体的なものと同時に精神的な面でも変化が出てくるのです。

このような落ち込み系の鬱だけでなく、短気になったりちょっとしたことでイライラしたりすると実はそれも鬱の可能性がとても高いのです。性格の問題だと思いがちですが男性ホルモンによる症状の可能性もあり、ホルモン療法などを受けるかどうかの診断をしてもらったほうが良いでしょう。

男性ホルモンが減ると太る

なぜか年をとるごとに太り続けますよね。普通に食事していても毎年体重が増えていく。これは学生時代に比べて運動量が減って、事務仕事が多くなったからというのが大きな原因ですが、これにあわせて加齢が加わると男性ホルモン減少によるメタボの症状でもあります。

男性ホルモンが低下すると筋肉が減り内臓脂肪がつき始めます。これがメタボ体型です。
ではどうするかというと運動をして体脂肪を減らしますよね。ただ消費カロリーを増やすというだけでなく、運動には男性ホルモンを高める働きがあります。
特に有酸素運動と筋トレを併用すると男性ホルモンは高まります。

もともとあるものが減れば体調はおかしくなる

男性であれば生まれ持って男性ホルモンがありますが、加齢とともにどうしても減ることは避けられません。しかしこれを70歳を超えても維持している人がいます。アメリカの男性は毎日ハードな運動を続け、男性ホルモンをとにかく活発にしようと奮闘しているようです。
夜の生活も満足いくものを送っているようですし、いくつになっても男性ホルモンを維持したいものです。