トランクスが睾丸にはベスト

トランクスとブリーフどちらがいい

トランクスが睾丸にはベスト

ブリーフかトランクスか、またお洒落にはボクサーパンツか、など色々と好みがわかれる男性の下着。色々な種類や素材があるから好きなものを選べるようになって来ました。では体に良い物はどれかというとゆとりのあるトランクスなのです。その理由は睾丸にありました。詳しく解説します。

トランクスは通気性が確保できる

トランクスの良さは股間部分に通気性が確保できることです。睾丸が完全に抑えられてしまうブリーフやボクサーパンツは密着度が高いため蒸れやすくなります。
股間が蒸れることで汗による悪臭が発生します。これは汗、体温による雑菌増殖で脚の付け根部分で強い臭いが出てしまうのです。

睾丸の温度を高めないのはトランクス

フィット感などの好みはありますが、実際股間部分がホールドされすぎると群れが生じます。
睾丸自体の温度が体温よりも高くなりがちだ部分ですが、健康的でいるためには体温よりも1~2度低いほうが良いと言われています。現実的には無理ですよね。脚の付根の動脈があったり、下着とズボンなどで重なって密閉されていますから。

で、体温よりも高く、さらに高温になると精子が死んでしまうということがわかっています。ですから下着はブリーフやボクサーパンツではなくゆるく通気性があるトランクスがベストなのです。
最近ではトランクスのゴム部分にブランド名をあしらったり、生地自体もしっかりして縫製も丁寧なブランドもののトランクスもあります。

たとえばカルバンクラインやラルフローレンなど、今までの適当な柄物のトランクスとは全然違う高級感があり、ぜひ睾丸の健康のためにトランクスを履いてみましょう。

夏場はトランクスで睾丸を冷やす

夏場にブリーフやボクサーパンツを履いているとかなり蒸れて体温が上がります。脚の付け根の温度が篭って体温が上がり、不快感であると同時に臭いもきつくなります。

夏場はできるだけトランクスを履いて睾丸周辺が熱くなり過ぎないようにしましょう。