ヒゲを抜くのにお薦めの毛抜き ヒゲに最適な毛抜

ヒゲを抜いて処理している人向けのお薦め毛抜き

ヒゲを抜くのにお薦めの毛抜き

最近はヒゲを気抜きで抜いて処理する男性がとても増えています。理由はヒゲの青々しいのが嫌いというのと、髭剃りを毎日するのが時間もかかるし面倒という理由です。毛抜きでヒゲを抜くと1週間ほどはツルツルになります。永久脱毛ではないので抜いてもまた生えてきますが、ジョリジョリとして不快感はなくなるので抜く人が増えているというのです。

ヒゲを抜くのが楽しい

ヒゲって実は慣れてくると抜いても痛みがそれほどなくなってくるんですよね。しかもヒゲはほかの部分の毛とは違い、肌の奥に埋まっている部分がとても長く、短いヒゲを抜いても奥からまだヒゲが出てきてかなり長いヒゲがスルッと抜けます。この感覚が快感になってしまい、ヒゲ剃りが面倒という理由や濃いのが嫌だという方もそうですが、ヒゲを抜く行為自体が楽しくてやめられないという人も実は少なくありません。

お薦め髭抜き用の毛抜き


スイスのルビスが髭抜き用にお薦め

髭は太くて皮膚の奥にかなりの長さが埋まっているので、しっかりと毛抜きで挟んでやらないと指が疲れてきます。これを解消するには毛抜きのホールド感がガッチリと確実なものでないといけません。

100円ショップでも毛抜きくらいありますが、質としてはかなり低く、このルビスの毛抜きを使ったらもうルビス以外にも使えなくなるでしょう。
それくらいお薦めの毛抜きです。

髭を毛抜きでズルッと抜くときの感触かかなり簡単にできるようになります。今後も髭を毛抜きで抜き続ける予定があれば少し高いですが買ってください。

ヒゲを抜くと肌に負担がかかる

ヒゲは肌の中で根付いていますが、根本から抜くことによって、肌の中では皮膚から毛が引きちぎられるようにして抜けます。すると内部では炎症が起こります。だからヒゲを抜くと肌が火照ったような感じになりますし、場合によっては血がでることもあるでしょう。
このように肌にはヒゲを抜く本数だけ負担がかかっているということです。これは髭剃りも近いものがあり、抜くのは肌の奥のほうに負担がかかりますが髭剃りは肌表面に負担がかかっています。
何をしたとしても結局肌への負担がかかってしまうのは変わりないと言えます。

ツルツルにしたいなら永久脱毛するのがお薦め

ヒゲが濃いのが嫌だ、毎日の髭剃りが面倒という方はヒゲを永久脱毛してしまいましょう。肌への負担としてはその場だけで毛抜きと一緒です。違いは次から生えてこなくなることです。
基本的に10周期ほどヒゲは生え変わるので10回以上は脱毛クリニックやエステに通う必要がありますがその後はヒゲ自体が減っていき薄くなり、永久脱毛になります。髭剃りも無くなって肌の負担がなくなることで美肌にも。
ヒゲ自体が嫌いで抜いている方はぜひ検討してください。

エステに行くお金も時間もない、恥ずかしいという方は自宅で髭の永久脱毛が可能な脱毛器があります。いくつか髭のような濃くて太い毛もエステ並に脱毛できる家庭用脱毛器がありお薦めです。
ひげ脱毛器netではいくつかの有名な髭脱毛器を特徴別にランキング化して紹介しているので参考にしてみてください。

ヒゲを抜く場合は埋没や感染に注意

ヒゲを抜いていると、肌の奥でヒゲが伸びているのに毛穴から出てこれなくて、肌の中でずっと伸び続けることがありますが、これを埋没といいます。この状態だと肌から透けてヒゲが伸びているがわかります。針などで表皮を破るようにして埋没したヒゲを取り出します。これだけでも大変です。
またヒゲを抜いた後の毛穴から感染してしまい膿んだり赤くなったりニキビができたりします。これも毛抜きでヒゲを抜くときの注意点です。手や毛抜きを清潔にしておくことが重要です。