ヒゲ脱毛は痛い 痛みが強い

ヒゲ脱毛の痛みを詳しく解説

ヒゲ脱毛は痛い

ヒゲ脱毛に行ってみたいけど痛みが気になる、という方は多いですよね。実際にヒゲ脱毛してもらった経験と自宅でも自分でヒゲ脱毛した経験から元にヒゲ脱毛時の痛みについて解説していきます。

髭が濃いほどヒゲ脱毛は痛い

ヒゲ脱毛というのは自分で毛抜きで抜くヒゲ脱毛ではなく、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などのような根本から完全に永久脱毛する方法です。これらの脱毛方法の原理は、肌には影響ない光を使っています。脱毛すべき髭の黒い色素にだけ反応する光で、毛根から焼いて死滅させます。ですから髭が濃ければ濃いほど光が反応して痛みが強くなるのです。

青ひげのように濃い髭の場合は痛みが強いので麻酔する場合も

実際美容外科などでは髭が濃い人が脱毛する場合、痛みがとても強くなることが多いです。というのも、青ひげ部分は肌の中に埋まっている髭が長いことと、密集して生えているので一発の光で大量にメラニンに刺激がいくためです。

ですから麻酔をして髭部分だけ痛みが感じないようにすることもあります。しかしメンズエステの脱毛は出力が抑えられているのでそれほど痛みを強く感じないことが多いです。その場合ヒゲ脱毛の効果がどうなのかというと、痛みが軽減される分、完全に脱毛できずに残る部分もあります。これはクリニックでも同じで、残った髭は再度また脱毛すればいいだけのことです。

次回以降は最初の脱毛で髭の量が減っているので、一発で照射されて反応する髭が量が減るので痛みはかなり軽減されます。これは3回目以降も同様に痛みが減っていきます。

ヒゲ脱毛の痛みはどんな感じなのか

よく言われるのが、『輪ゴムで弾かれた感じ』という比喩がありますが、実際髭の場合はほかのムダ毛と違ってかなり量が多く太いため輪ゴムレベルでは済むはずがありません。個人的にヒゲ脱毛をしてみて感じたのは、鍼でぐさっとやられる感じですね。レーザー脱毛も古いタイプの脱毛も何種類も試しましたが、実際レーザーだとしてもかなり痛みがありました。

しかしこれは仕方ないことで、濃い髭を薄くして今までの青い泥棒ひげを一掃し、ツルツルの肌色の肌を取り戻すには必要だと思っています。ヒゲ脱毛は回数を重ねれば重ねるほど痛みは軽減して、最終的に髭がなくなります。我慢するのは最初と2回目くらいでしょうか。髭が濃い場合は3回目くらいまではかなり痛みがある人もいるかもしれません。しかしそれでも髭が減っていくことが毎回実感でき、これほどの幸せは感じないと思います。5回通うとある程度効果が見えますので続けようと思えます。

自宅でもヒゲ脱毛したことがあります

自分の家でも脱毛できるひげ脱毛器をレーザーですが使ったことがあります。これは出力を最大にして使いましたが、かなりいたかったですね。しかもレーザーを照射する面積がたった1cm程度だったのでひげ全体を脱毛しようとすると時間がかかって仕方なかったです。しかも痛いし。

しかし最近でているケノンというフラッシュ式の脱毛器は購入者の半数が男性でヒゲ脱毛に使っているということ。しかも3cm~4cm程度の照射面積で20分ちょっとでヒゲ脱毛が完了します。かなり速いスピードです。やはり髭が濃いのでかなり痛みはありますが、レーザー脱毛に比べれば痛みは少ないですね。しかも短時間で髭全体を脱毛でき、しかも自宅でできるのでかなり便利でした。

髭が濃くて嫌なこととヒゲ脱毛の痛みを天秤にかける

髭濃くていやだなぁ、みんななんで髭薄いんだよ、とコンプレックスになっていたり、髭剃りが大変だったり、色々と髭の悩みはあると思いますし、顔ですから常に誰かに見られていて髭が濃いことにコンプレックスを持っている方も少なくないはずです。

だとしたらすぐにヒゲ脱毛をしたほうがいいです。ひげが完全になくなっしまうとこれほどまで顔が綺麗に見えるのかと感動します。髭が濃いほど脱毛効果の差がでますから感動もひとしおです。
費用面では普通に社会人で働いていれば苦ではない額で数万円から20万円以内で終わります。たったこれだけで濃いひげとおさらばできると考えると安いでしょう。