30代のヒゲ永久脱毛 サラリマンの髭脱毛

30代サラリーマンが髭の永久脱毛をすると・・・

30代のヒゲ永久脱毛

何と言っても顔の印象を大きく左右するヒゲ。これが青いのかそれともツルツルで肌色をしているかで老け顔を助長してしまいます。ヒゲを剃っても青みが残りますがこれがないだけで5歳は若く見られるでしょう。30前半なら簡単に20代の若さを取り戻せます。

30代でヒゲ脱毛するとモテる、取引先の印象も良くなる

ヒゲがジョリジョリ青いよりツルツルのほうが清潔感があってモテます

アジア人の場合は肌が薄い色に関わらず毛は黒々していて目立ちます。白人のようにヒゲもブロンズで目立たない場合はアクセントにもなり良いのですが、黒ひげというのは目立ち過ぎますし清潔感がないと思われがちです。触った感触もジョリジョリと痛いし、女性からするとヒゲはツルツルにしてほしいものです。実際ヒゲ脱毛してからかなりモテるようになったという方も多いです。

ヒゲがないと第一印象が明るく活発な印象になります

ヒゲがあるとどうしても老け顔に。とくに青々しているよりも脱毛してツルツルのほうが顔が明るくなります。これは女優さんがライトを当ててシワを目立たなくしたり顔色を明るく良くするのと同じブライト効果です。ヒゲの青みがあると不潔感を感じてしまう人もどうしてもいます。ヒゲ脱毛してから取引先への印象が良くなるという話はよく聞きます。

30代になると給料も少しずつ上がっているので永久脱毛するお金も何とか確保しやすく最適な時期といえるでしょう。別に40代以降の方でも全然ヒゲを永久脱毛しても良いと思いますよ!同様にかなり若く見られるようになります。

で、30代だと収入が上がっていることで、エステやクリニックでヒゲの永久脱毛が受けやすいでしょう。価格としては顔のヒゲ全体を永久脱毛するのに大体の相場が20万円以内で終わります。ちょっと貯めたりボーナスが入ったら行く、という方が多いようです。

ヒゲ脱毛はかなり低価格化していますし、ヒゲ剃りの手間や肌荒れなど30代以降はかなり気になる悩みでしょう。時間短縮や肌の劣化を防ぐためにも30代でヒゲ脱毛してみましょう。

「30代からのヒゲ脱毛のススメ」について

30代だともう既に役職があったり職場でのキーマンになっている可能性がとても高いです。しかし時間は秒刻みで進んでいきますから、できるだけ無駄なことはしたくないという方がほとんどです。髭剃りの時間も毎朝かなりかかっていて面倒という方や、朝ヒゲを沿ったら夕方また剃らないと夜の仕事で人に会えないという方もいます。

そんな場合はやはり生えてこにないから髭剃りが不要という永久脱毛がやはり人気なんですね。ヒゲが常にツルツルであることは、毎朝5分以上かけて行う髭剃り時間をなくすことができるのです。これは多忙なビジネスマンにはとてもありがたいのではないでしょうか。

髭剃りは敏感である顔の皮膚に刃物をつけているわけで、少なからず肌荒れが起こっています。人によってはカミソリ負けで血だらけになっている人もいます。そして30代からは肌年齢がガクンと下がっていきます。加齢とともに30代以降はスキンケアもしっかりとして行かなければなりません。20代のときとはわけが違います。

アンチエイジングとまではいかなくても、肌に負担がかかる髭剃り自体がなくなることで肌は綺麗にキープできるようになります。

濃いヒゲでもツルツルの永久脱毛が可能

30代で青ひげに悩んでいる方は多いです。老けて見えるし毎日の髭剃りが面倒、剃ってもどうせ青く見えるし嫌だ、という方は多いんですよね。もう10年以上髭剃りしていても青々しい濃いヒゲは慣れませんし好感も持てません。

しかしメンズエステなどでヒゲ脱毛してしまえば、どんなに濃いヒゲでもツルツルに脱毛することが可能です。さらに2年ほど通えば完全に毛根がなくなり永久脱毛になることも可能であると言われています。

毛の生え変わり周期で脱毛しに行く

毛というのは今生えている毛と今はまだ休眠中で生えていないものがあります。ヒゲ脱毛に行く時に脱毛してもらえるのは、今生えている部分の毛根です。ここの毛が生まれる部分を黒いメラニン色素だけに反応するレーザーやフラッシュで死滅させます。こうすることで栄養が来たとしても毛根自体がなくなっているのでヒゲが生えてこなくなるのです。

さらに1ヶ月程度すると休眠中だった毛根部分が活動し始めてヒゲが生えてきます。脱毛した部分がまた生えてきたわけではないのので、また脱毛してやると、その後1ヶ月くらいするとまた別の休眠中だった毛根が活動し始めてヒゲが生えてきます。脱毛というのはこの繰り返しです。

ただし無限ループするわけではなく、毛根には限度がありますので、普通のムダ毛であればだいたい5回ほど繰り返すとほぼ毛がなくなります。しかしヒゲや陰毛などのホルモンが関わる毛に関しては毛根が多く、脱毛回数は10回以上やらないと減りません。そのくらいヒゲはしぶといわけですね。

基本的に20回くらい、要は2年ほど脱毛すればヒゲもほぼ無毛でツルツルの状態にすることが可能と言われています。

2年間も脱毛し続けるのかよ、と思った方はそれほどヒゲが濃いことにコンプレックスを持っていないのでしょう。事実、毎日カミソリ負けしてまで髭をそっても青いヒゲが目立つ人はかなり悩んでいます。また、美意識が高い人はヒゲ脱毛をしつつ、フェイシャルエステでたるみやしわのケアまで同時にゆっていることも今では珍しくなくなってきました。
このように2年後は今の年齢よりも確実に加齢して劣化しているのです。ヒゲがなくなるだけで5歳くらい若く見えるわけで、自分を高めようとかコンプレックスを克服しようという人にはとても重要なことであると言えます。

30代は良い感じでひげ脱毛効果が出る

なぜ30代で美意識高めてひげ脱毛なんかするんだ、なんとなくもう手遅れ感あるんだが・・・。
と思いがちですが、実際は30代からのひげ脱毛がとても効果的でさらに良いことが多いのです。

ヒゲの状態が落ち着いてくる

10代後半から20代前半まではまだかなり活発でヒゲもガンガン生えまくります。要するに人生の成長部分でのピークがここなんですね。だから若すぎるときにヒゲを脱毛したとしても、今後また新しいヒゲの毛根が成長して変化する可能性が否定できません。

実際に中高生のヒゲ以外の女性の脱毛でも成長期の脱毛は今後また生えてくるかもしれないから待ったほうが良いという意見があるほどです。

30代であればホルモンもしっかりと安定していますし、今後ヒゲがさらに増えるということはほぼ考えられません。だからこそしっかりとヒゲを脱毛すれば永久脱毛の確率は高まるのです。

30代はお金も余裕ができるからひげ脱毛しやすい

30代は給与もある程度安定して上がっている時期です。だからこそメンズエステなどで脱毛するお金も余裕が出てきます。特に独身の場合は無駄遣いしていなければお金が貯まる一方です。

今までヒゲが濃くて嫌だったなぁ・・・と思ってももう30代だしヒゲ生えてたって別に普通だろ、と諦めないでください。ヒゲがなくなるだけで30代よりも若く見られますし何より清潔感が高まります。

30代だからこそひげ脱毛をしてモテる

30代だからこそひげ脱毛をして若々しく、清潔感ある明るいイメージを手に入れましょう。社会人経験も10年で20代とは桁違いに魅力が増しているはず。そこにヒゲ脱毛をして見た目がよくなったとしたら?これでさらに魅力がアップするんです。

実際に青ひげがあるのとないのとでは印象が全く違います。想像以上にイメージは良くなるでしょう。ひげ脱毛はメンズエステなら行きやすいしお薦めです。

ヒゲ脱毛するだけで若く見える理由

理由は簡単です。10代の頃は多くの人がヒゲが濃くなくて青みがかった顔をしていなくて、歳をとるごとにヒゲが濃くなり剃った後の青みがあると頭に刷り込まれているからです。
だからヒゲがない=若い、ヒゲがある=歳行ってる、という図式が意識するまでもなく自然と成り立ってしまうのです。

一番重要なのは青みがかった剃り跡が老け顔にする

ヒゲが生えていなくても髭剃りすれば良いと思いますが、実は青ひげが老けの原因です。10代は青ひげありますか?ないですよね。だから剃ったとしてもヒゲが濃い人は特に青ひげが残るので老けて見えてしまうのです。

30代の方はまだ見た目自体は若くいられるものです。30代に見えない、と言われる人の多くの場合はヒゲが薄かったり太ってたるんでいなかったり色々と要因がありますが、第一印象としてヒゲが濃くないことが大きなインパクトになります。30代だからこそ、自分の顔のケアとしてアンチエイジングのひとつとしてヒゲ脱毛を取り入れて欲しいと思います。