ヒゲを薄くする方法 ヒゲを薄くするローション

違和感なく徐々にヒゲを薄くする方法

ヒゲを薄くする方法

ひげが濃すぎて自分でも嫌だし、他人にも嫌がられてるんじゃないかなんて気にしている方必見です。ひげを薄くすることは可能です。同時に永久脱毛をしたい方にもお薦めの情報をご紹介します。

ひげを薄くする抑毛ローション

まずひげを薄くするには抑毛ローションが最初に出てくるでしょう。使い方は髭剃りをしたあとや人によってはひげ自体を抜いた後に使います。毛穴に作用してひげの成長を抑えて薄く補足していくことが目的です。

豆乳などの成分が入っていて女性にもよく使われています。ヒゲ用には専用の抑毛ローションがあります。

プレミアムアフターシェイブローション

朝晩の2回ヒゲに塗るだけで、ヒゲ自体が細く柔らかくなって薄くなるのが実感できます。
楽天で売り上げランキング1位に輝くなど、ヒゲを薄くする抑毛ローションとしての完成度がダントツで高いのが特徴。

濃いヒゲ、青ひげ、硬くて髭剃りで血まみれになる方はぜひ使ってほしい抑毛ローションです。特に毎日2回髭剃りしていた方はヒゲが薄くなっていくので朝の1度のみで十分になったという方までいるほど効果は満足できます。

ひげ自体を脱毛して薄く少なくしていく

ひげが濃すぎて嫌だという方はひげ自体を永久脱毛してしまう方法もあります。最近は家庭用脱毛器の値段がかなり落ちてきていますのでお薦めです。
ひげはホルモン系の毛で腕毛や脛毛とは違いかなりしぶといですし太くて毛の量も多く、ずっと脱毛し続けることで効果が得られます。

ですからひげの量を減らしたいという方は家庭用脱毛器で脱毛することで完全に無くなる前にやめてしまえばひげの量を減らして薄く細い状態にすることが可能です。

ひげは脱色で薄くはしないほうがよい

ひげではなくて、手足のムダ毛などは脱色して色を薄くする方法をとるばあいがありますが、ひげは太くて濃いので脱色は向きませんし、顔は肌が敏感なので脱色できません。
さらにひげの伸び方は毎日剃っても剃ってもガンガン伸びてきますよね。これじゃ脱色しても濃いひげが伸び続けます。このことからも脱色などはひげには向いていません。

ですから毛母細胞に直接働きかける抑毛ローションを使うかひげ自体を減らしていきなくしてしまう脱毛がお薦めです。

髭を薄くするために必要なお金

抑毛ローションは日々使うものです。価格としては5000円前後が多いです。使う場所はひげだけなので面積も狭く抑毛ローションの減り方は早くはないです。全身に使うとすぐなくなりますが。
ただしひげに特化した抑毛ローションがお薦めなので体には使わないでしぶといひげにターゲットを絞って使いましょう。
⇒プレミアムアフターシェイブローション

家庭でできる脱毛は5万円から8万円程度です。昔に比べると安くなり性能も良くなっているので購入者の半分近くが男性となっています。ひげが濃くてコンプレックス担っている方は脱毛器を利用するのも良いと思います。

最終的にはエステやクリニックでひげを永久脱毛してもらうという方法もあります。価格は13万円程度です。ただし脱毛してくれるところによって5回までとか無制限に通えるなどの条件があります。
安くて実績があるところもご紹介します。

結果として安いのは抑毛ローション

抑毛ローションがコストの面では安いですね。価格だけでなく脱毛市に行く場合は金額面と通院、予約のような時間成約です。これをクリアできるのが家庭用脱毛器です。
時間もお金もないかたは抑毛ローション、時間がないけどお金で何とかしたいという方は家庭用脱毛機、時間もお金もかけていいから完全にひげを薄くするか無くしたい方はエステやクリニックがお薦めです。