濃くて青いヒゲを薄くする方法 青ひげ危機一髪

青ひげを薄くする方法

濃くて青いヒゲを薄くする方法

ひげが濃すぎて自分でも嫌だし、他人にも嫌がられてるんじゃないかなんて気にしている方必見です。ひげを薄くすることは可能です。同時に永久脱毛をしたい方にもお薦めの情報をご紹介します。

ひげそり後に塗るだけの化粧水感覚で青ひげを薄くできる

楽天ランキングで堂々の1位を獲得しているヒゲに特化した抑毛ローション、プレミアムアフターシェイブローション。これはひげそり後にヒゲ部分に塗るだけで青ひげを薄くしていく効果があります。

プレミアムアフターシェイブローション

使い方はとても簡単で、ひげそり後、朝に1度塗り込みます。そして夜また寝る前などすきなときに2回目を塗り込みます。ケアとしてはたったこれだけです。歯磨きの時間よりも短く済みます。

毎日使い続けることで青ひげの原因である『ヒゲの太さ』が改善されていきます。徐々に抑毛効果が現れてヒゲが細くなることで薄くなります。そうすると肌の中にある青ひげ部分も当然細くなりますから汚く見える青ひげが薄くなっていき、ヒゲが減ったようにさえ感じます。

モニター調査では95%が満足と答えていて、今一番お薦めしたいヒゲ抑毛ローションです。

なぜ青髭がでてしまうのか

ひげを抜いたことがあればわかると思いますが、肌表面に出てきている部分はごく一部で、毛根から肌表面までの長さがとても長いのです。1mmしか伸びていないヒゲを抜くと、5mmくらい埋まっている部分があるのです。この5mmの長さがヒゲが太いと目立つわけです。

ヒゲをどんなに深ゾリしても5mmの肌内部まではどうすることもできません。肌表面にはヒゲがないので肌の奥にある毛根部分までの5mmが青ひげとして透けて見えるのです。

青ひげ解消には抜くか抑毛しかない

青ひげを解決する方法は単純に抜いてしまうか、これはレーザー脱毛なども含みます。毛根部分からヒゲ自体を完全になくしてしまう方法です。これは痛みとコストが大きすぎてなかなか出来ない方もいます。またメンズエステなどで脱毛すると、最低でも20回程度は脱毛しに通わないといけません。時間もかかるし2年以上通う必要があるのでお薦めはできません。

ただし抑毛ローションで薄くするならば、毎日の塗りこみだけで可能です。しかも将来50代60代を過ぎた時にヒゲを伸ばしたいと思った時にヒゲが残っています。抑毛ローションを使わないようにすればまたヒゲが戻ってくる所が良いですね。

価格も5,000円と安いので使いやすいです。青ひげで困っている時間や精神的にダメージをうけているのであれば、すぐにプレミアムアフターシェイブローションを使ってほしいと思います。