iPhoneを選ばない理由

iPhoneを選ばない人

iPhoneを選ばない理由

スマホと言えばiPhoneが思い浮かぶように、アンドロイドスマホのシェアと1社のみで戦い続けるアップルですが、実際にシェアはかなり大きいためiPhoneの世代は違えど所有率はとても高いと言えます。しかしiPhoneを持たない人も。

使い心地や機能差などはありますが、それとは別の気持ちの問題もあるようです。ここではデバイスの差や見た目などの要素は除いてiPhoneを選ばない理由を考えてみましょう。

みんなが持っているからiPhoneはいらない

iPhoneのデザインはとても素晴らしいですよね。常に進化を続けて魅力ある製品を作り出しています。しかしここまで人気になってしまうとみんなが持っている普通のデバイスになってしまいます。
こうなると逆にiPhone持ってても優越感浸れないじゃん、という人がかなり出てきて、個性的な端末を探すようになります。

アンチアップルでなくてもこの「反動」はかなりの数があり、アンドロイドやWindows Phoneなどに手を出す人もいます。
物欲に対して若干の希少価値を見出したり、他人とは違うものを持って優越感を楽しみたい人にとってはすでにiPhoneには価値を見いだせないのです。

アップル自体が嫌い

もうこれはどうしようもないですね。良いところもあるといっても聞く耳を持ちません。iPhoneではなくもうアップル全部が嫌いなのですから。
しかし意外にもiPhoneのかっこ良さは理解していてもアップル自体が好きになれない人は多いようです。

特にitunesや取扱説明書などの使い方の部分など、シンプルにすればいいってもんじゃないだろと怒る人も多いですね。そもそもiTunes縛りがイヤという方が多く、同時にアップル縛りがうざくなってアップルが嫌いになる人や、アップルはもともと嫌いではなかったけど、お祭り騒ぎがうざかったりリア充が使っているからという理由でアップルに嫌悪感を抱く人がいるのも事実です。

毎回銀座で発売日の行列やハイタッチをしているワイドショーやニュースの映像は、アンチアップルにはストレスの原因になっているのではないでしょうか。