スマホMVNOとガラケーが最強 スマホ料金の節約方法

MVNOでスマホとガラケーの二台持ち

スマホMVNOとガラケーが最強

スマホの料金は本体代の分割金と合わせて毎月6,000円以上かかっている場合が多いのではないでしょうか。高いものは8,000円以上かかるものもあります。こんなに毎月かかっているとスマホ代だけで1年間に7万円以上も使っていることになります。毎年7万円もスマホからなにかを得ているでしょうか。できるだけスマホ代金を安くするための工夫がこちらです。

スマホは解約してMVNOを利用する

スマホは毎月常時接続するためだけに5,000円ほどの料金がかかります。ネットを見るためだけに毎年6万円以上使っている計算です。さらにLTEになると無料通話がなくなってしまうので高い通話料で話さなければなりません。

これを避けるためにスマホは解約してMVNOのSIMを買ってこれを使いましょう。MVNOというのはドコモなどの回線を間借りして使うSIMカードで、月額1000円以下で常時接続のネット環境がゲットできます。しかも回線はドコモなどのしっかりしたカバー率を誇っているため、携帯会社でスマホを使っているのと変わりません。

MVNOにするだけで毎月料金が1/5まで下がります。

携帯電話はガラケーがベスト

スマホは情報端末ですから、ネットを使ったりゲームをしたりすると電池消耗が激しく、ずっと使っているとバッテリー切れによって肝心なときに通話ができなくなったりします。また常に充電し続ける必要があり、通話機能がついたタブレットでしかありません。

これに比べてガラケーの場合は電池の持ちがとても良いため充電しなくても数日間普通に持ちますし、無料通話プランがついているものがほとんど、さらには通話料も安いため総合的に見ても安く維持できます。通話とメール、ネットも見れて最小限で1,500円ちょっとで持てることが多いです。

スマホMVNOとガラケーで月額3,000円以下

通話をある程度したとしても、無料通話内で収まる場合が多く、最小で2,500円程度、普通に使っても3,000円程度でガラケーとスマホが持てます。

スマホに関してはデータ端末だということを前提に使えば問題ありません。電話に関してもガラケーで電池切れになることはあまりないですし、2台持ちという部分だけを除けば使いやすいのではないでしょうか。

スマホとガラケー二台持ちで見えてくるお薦めスマホ

スマホ端末では通話をしないでデータを使う時だけ使用するため、iPhoneのような小さいスマホではなく最低でも5インチのスマホがあるほうが便利でしょう。またSONYのXperiaZultraのような6.4インチの大型スマホやiPad miniなどの大画面で薄型省スペースのスマホやタブレットがお薦めです。

一度大画面での操作に慣れてしまうと小さいスマホは使えなくなってしまうほど便利です。