三井ダイレクト 国内の激安自動車保険

安く済ませたい方、必見です

三井ダイレクト

三井ダイレクト損保では24時間いつでも事故対応に応じる体制を整えています。
その際、無料ロードサービスや修理工場の利用も可能。
このような事故の対応し1つの事故に対して1人の担当者が着く専任担当となっているため、事故解決までスムーズに進めることができます。
また、保険適用外のものでも三井ダイレクトの専任担当者が仲介になって処理をしてくれます。

ネットに強い

三井ダイレクトの担当者と相手方や相手方の自動車保険会社とのやりとりの進捗状況はネットを使って自分専用ページから確認することができます。

とにかく安い

本人・配偶者のみ運転する割引プラン、35歳以上のベテランドライバー向け割引プラン、車両保険セット割引プラン、購入25ヶ月以内の新車割引プランなど、自動車保険が割安になるプランを用意しています。
さらに、インターネットから初めて申し込むと保険料は4000円割引になります。
その翌年度も3000円割引になるので、三井ダイレクト損保の場合は初期段階で格安保険料となります。
そして三井ダイレクトが安くなる要因に、インターネット申し込みの際に「保険証券の発行は請求しないeサービス特約」を選択すると、インターネット契約割引適用の保険料から さらに500円割引になります。

この時点で初めての三井ダイレクト利用であれば4500円が割り引かれることになります。

なぜ安いのか

なぜ三井ダイレクト損保は安くできるのでしょうか。
それは基本的な業務のコストを効率化することにあります。
さらに個人個人の年齢や、車の種類・使用の実態を考慮して細かく保険料を設定しているため安くすることができます。

前年無事故割引
過去1年間事故がない場合、翌年の契約の保険料を割引。

長期優良割引
過去1年間事故がなかった年齢条件を26歳以上、30歳以上または35歳以上担保に設定した翌年の契約について、保険料を割引。

20等級までのノンフリート等級制度
三井ダイレクト損保の自動車保険では1等級から20等級までの等級区分により保険料が割増・割引される等級別料率制度を採用。
割増引率は、他の損害保険会社や農協、全労済、自動車共済などからも引き継ぐことができる

三井ダイレクトの見積もりをお薦めできる人

・若いドライバーだと高くなるでは?と思っている
・走行距離が多かったり、通勤・通学に使用したりすると高くなるのではないか?と思っている
・免許がブルーだから高くなるのではないか?と思っている

これらに該当する場合、三井ダイレクト損保がお薦めです。
三井ダイレクト損保ではこのように今まで高いと思っていた自動車保険料を安く抑えることができる可能性のある国内自動車保険会社なのです。

見積もりだけならユーザー登録不要で無料でできます。
一度三井ダイレクトの安さを体験してみてください。