扶養手当 相場、条件、金額など

奥さんができたらまずもらえる扶養手当

扶養手当

結婚をすると多くの男性の場合、妻を扶養するということで会社から扶養手当がもらえる場合があります。これから結婚を考えている方は必読。今既に貰っている方も家計の見直しに迫られる可能性もあるかもしれません。

結婚すると妻や子供などがいる場合、会社から手当てが支給されます。それが扶養手当です。住宅手当などのものと同じように扱われています。

ほとんどの場合、妻がいくら、子供ひとりいくら、というように、立場によって値段が違い、かける人数によって算出されています。

しかし、会社によっては扶養手当がないもの、あったのに全廃されるケースもあります。
もともと会社の規定によって決められるもので、法律上扶養手当は義務とされていません。会社の方針によって左右されてしまいますが、もらえるものはしっかりともらっておきましょう。

相場

会社の規約などを改めて見てみると、扶養手当の金額が出ています。
例えば、妻との二人暮しとなる場合、自分以外の家族を養うのにも関わらずこれしか手当てが出ないのか・・・と落胆する場合があり、ほとんどの片が経験しているのではないでしょうか?
そもそも扶養手当自体がおまけのような存在であるため仕方ないのですが、このようなときに他の会社はいくらもらえているのだろうか?と相場が知りたくなりますよね。

多くの場合、勤続年数による扶養手当の額は変わらない会社が多いようです。
上場企業などの大きな会社でない限り、妻の扶養手当の相場は5,000円~10,000円というのが一般的なようです。
手当てを多くつけているところはさらに増額されているようですが、あまり期待できるような金額ではないことは確かです。
子供の場合は3,000円~といった感じです。
東証一部上場企業などは15,000円~といった豪華なところもあるようです。

家計の見直しもあり得る

結婚するから手当てが増える、とあまり喜べないのが一般的な会社の現状と言えます。
扶養手当が多いような大企業の場合、基本給やその他の手当てが多いため、結婚や出産の手当てを期待することもないのかもしれません。
最近では扶養手当を全廃する企業や、徐々に減額していき、数年後に全廃、などというところもあるようです。
手当てを当てにした住宅ローンなどの計画は無計画なもののひとつですので今一度家計を見直すことも必要な時代になってきているようです。