ボーナス支給日 平均も

年2回のボーナス支給日について

ボーナス支給日

会社に勤めいてい嬉しいのが給料日とボーナスの支給日でしょう。特にボーナスは毎月の給与とは別に大金がもらえるので贅沢できたり貯金やローンの返済に使えたりして私達にはとても心強いですよね。では夏と冬のボーナス支給日はいつなのでしょうか。待ち遠しいですね。

夏のボーナス支給日

夏はだいたいが7月に入ってからが多いようです。会社によって支給日がバラバラですが、ある一定の傾向がありますので、以下でご紹介します。

早ければ6月が支給日の会社も半分くらいはあるようです。夏のボーナスと言いつつ梅雨時期に支給されるんですね。夏の旅行のための資金としては早いほうが嬉しいですね。7月に入ってすぐに旅行にも行けますしね。

さらに半分は7月に支給されています。7月の場合は前半に支給されることが多いようです。何にしろ早めにもらって家電を買ったり旅行に行ったり、楽しみに使いたいですね。

冬のボーナス支給日

基本的に冬のボーナス支給日は12月前半が多く、12月10日という意見が多いようです。
それ以外は給与と同じ日にボーナスも支給されます。12月はクリスマスと年末の帰省とお年玉などでとにかくお金がかかるシーズンです。

早めに冬のボーナスをもらって資金の確保をしたいですよね。

ボーナスの支給額

業種によって違いがありますが、大体40万~80万程度が平均額となり、基本給の2倍~3倍程度のことが多いようですね。規定で支給額が基本給の何倍と書かれていればほぼ同額が支給されるでしょう。

そうでもない限りは基本的には業績によって支給額は上下します。最近はずっと景気が悪くリーマン・ショック以降はボーナスが下がり続けている、もしくは支給するされていない会社も当然少なくありません。

ネットでボーナスの支給額平均が出ていたりしますが、相当景気の良い業種が入っていることは間違いなく、一般の会社員が貰えるボーナスの額とは程遠い場合があります。あまり他人のボーナス支給額を見て落ち込まないように、自分の銀行口座だけを当てにしてボーナスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ボーナスの使い道

アンケートでよくあるボーナスの使い道です。
基本的には旅行に行ったり、ちょっと贅沢な食事をしたり、普段は高くて手が出しにくかったものを買ったりという使い方が多いようです。

あとはやはり多いのが住宅ローンなどの返済と貯金ですね。最近は今後どこまで経済が落ちていくのか、会社が倒産するのか、ということも不透明すぎるため、できるだけ借金を減らしたり、貯金をしておきたいと考える人はやはり少なくありません。

何にしろ、ボーナスの支給日は会社に勤めている間でとても嬉しい時期であることは間違い無いですね。特に共働きの夫婦ではボーナス支給日の月は200万円近いお金が入る家庭もあり得ますからね。