アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを持つ

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードをゲットする

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを持つ

アメリカンエクスプレスカードは世界的に見てダイナースカードと並ぶステータスがあるクレジットカードです。以前は入会審査が厳しかった印象がありますが、最近ではクレジットカード会社も儲からなくなってきていて、年会費を徴収する傾向が高まっています。

そのためアメリカンエクスプレスカードのゴールドカードですら勧誘が激しくなっている模様です。この機会に上級のサービスが受けられ、ステータスとしても高いレベルであるアメックスゴールドカードを申し込んでみましょう。

アメックスゴールドは通過点

現在、アメックスゴールドカードの審査基準が随分と下がっている模様です。以前は会社の経営者そうや医者弁護士といった要するにVIPだけが持つカードでしたが、ここ数年でゴールドカードの乱発が続き、クレジットカード業界でゴールドカード自体の価値が激下がりしています。見た目は金色で金持ち風ですが、実際は会社員であれば誰でもゴールドカード自体は持てるようになっていると言っても過言ではありません。

ではアメックスゴールドカードはどうかというと、年会費が27,300円と他社ゴールドカードの平均的な10,500円と比べると倍以上します。ここで結構悩みますが、月額にすると2,000円ちょっとです。スマホ代は年間8万はかかります。それを考えると見た目良し、サービス良しのアメックスゴールドカードが持てるなら安いものです。

本題に入ります。
アメックスゴールドの価値が下がっていると書きましたが、実際勧誘や広告での囲い込みがすごく、実際価値は下がっています。当然入会資格も非公開ではありますが、確実に下がっています。
これを逆手に取って、次のステージであるアメリカン・エキスプレス・プラチナカードを取得するのです。アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは一般審査はなく、ゴールドカードを利用している方にのみお誘い、いわゆるインビテーションが届き、取得することができます。

言い換えればアメックス・ゴールドを持っていなければアメリカン・エキスプレス・プラチナカードを持つ事ができないのです。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを取得する

通称アメプラは年会費105,000円から値上げされ136,500円になりました。1ヶ月1万円以上の費用になります。
しかしここで受けられるサービスはゴールドカードを凌駕していますし、以前このプラチナの上の通称ブラックカードで提供されたサービスも使えるようになり、クレジットカード愛好家の間では憧れのカードになっています。

券面はシルバーで、プラチナということになっていますが、見た目はただの一般カードにしか見えないのが悲しいです。しかしアメリカン・エキスプレス・プラチナカードは家族カードが無料で4枚まで発行され、世界の空港ラウンジが使えるプライオリティパスも本会員だけでなく家族会員にも無料で提供されます。これだけでも約4万円のプライオリティパスが5枚無料になるわけですから20万円の得になります。例えば5人家族全員で有料のラウンジを無料で利用できるわけです。これは他のカードではないことです。
さらにアメプラの場合戸籍上の家族でなくても生活を共にしている人であれば家族カードが発行されます。これはとても重宝している方もいるようです。

アメプラの取得方法

まずはアメックスゴールドの審査に合格して、カードを使いまくることです。ここで重要なのは使う額ではなく、回数です。とにかくどこでもアメックスゴールドで決済してください。光熱費、可能なら家賃、コンビニ、レストラン、海外での使用などです。とにかくすべてをアメックスで決済することで回数を稼ぎます。また支払い遅延などは絶対にしないようにしてください。
合計で年間100万以上使う必要は出てくると思いますが、アメプラをゲットする層であれば問題ないでしょう。200万円程度使えると直良です。

使い続けているとインビテーションが来てアメプラホルダーになれる時が来ます。それまでクレジットカードのヒストリーを磨きあげていく必要があり、これが重要です。ポイントは総額よりも回数です。家族の支払いもすべてアメックスで決済するのも手です。手数を撃ちまくってください。

アメックスはポイント有効期限がない

アメックスはポイントの期限が無期限なため、ずっと貯め続けて使いたいと思った時に使う事が可能です。ほかのクレジットカードだと期限内に要らないものをもらうしかないとか、商品券に変え忘れたとかでポイント失効があり得ますがアメックスではそれはあり得ないので安心してください。

アメプラのコンシェルジュサービス

プラチナカード以上になってくるとコンシェルジュサービスがとても充実します。電話一本で自分がこれから誰かと行きたいと思っている理想のレストランを探してもらい予約もしてくれます。これはネットで探せるものではありますがなかなか見つからない場合もあります。
和室の個室で静か、日本庭園が望めて予算は一人3万円まで、最後にお土産をつけてほしい、という要望にも応えてくれます。

アメプラはコンシェルジュをいかに使いこなすかがポイント

このように年間14万円近い年会費を支払うのにはとにかくコンシェルジュを使い倒すことが重要です。ほかにもホテルのグレードを格安で上げてもらったり、もしくは割引があったりと年会費の元の取り方はたくさんあります。

何が合ってもアメプラのコンシェルジュにお願いする形で生活をグレードアップさせることが醍醐味です。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード