自動車保険の見積もりと選び方 相場、金額など

どの会社を選べばよいかわからない?そんなときは

自動車保険の見積もりと選び方

少しでも安く押さえたい自動車保険。とりあえず大手会社から無料で見積もりをだしてみましょう。安さも重要ですが、何かあったときの対応も視野に入れておく必要があります。

ガリバー

ガリバー
『車買い取り実績No.1』ガリバーが提供する自動車保険の一括見積もりです。
無料で国内大手5社・話題のダイレクト系6社の保険会社の中から、自動車保険の一括見積りが可能です。

三井ダイレクト、アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、ソニー損保、ゼネラリ、チューリッヒ、東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン、あいおい損保、日本興亜損保、そんぽ24
がオンライン見積もり可能です。

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ
無料で業界最多の最大20社の見積りが一度に取り寄せられ、具体的に比較できます。
とにかくどこにしたらいいか見当もつかない場合は特にお薦めです。

全国労働者共済生活協同組合連合会、株式会社損害保険ジャパン、日新火災保険株式会社 、三井住友海上火災保険株式会社 、三井ダイレクト損害保険株式会社、そんぽ24損害保険株式会社 、アクサ損害保険株式会社 アメリカンホーム保険会社 、 エース損害保険株式会社、 セコム損害保険株式会社、 ゼネラリ保険会社、 ソニー損害保険株式会社、 チューリッヒ保険会社、共栄火災海上保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、 日本興亜損害保険株式会社、 富士火災海上保険株式会社、 あいおい損害保険株式会社、 ニッセイ同和損害保険株式会社、 AIU保険会社
がオンライン見積もり可能です。

カービュー

カービュー
自動車情報の総合サイト『カービュー』の自動車保険一括見積り。無料で最大10社の見積りを比較可能です。満期が近い方は特にお薦めです。

三井ダイレクト、アクサダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、ソニー損保、ゼネラリ、チューリッヒ、あいおい損保、日本興亜損保、三井住友海上
がオンライン見積もり可能です。

選び方

自動車保険を安くする方法

自動車保険は運転する人によって料金が異なります。
例えば家族だけが運転する、夫婦だけ、自分だけ、と運転する人を限定し少なくすることで自動車保険は割引されていきます。
また、年齢別のプランに入ることでも自動車保険料は削っていくことができます。

さらにエアバックやABS、衝突安全ボディなどの安全な機能を搭載した安全車であれば自動車保険料が割引される会社も多くなっています。

また、自動車保険の契約のときにも安くする方法はあります。
インターネットから申し込む、長期契約をする、満期日の45日以上前に契約の申し込みをする、などです。契約時に工夫するだけでかなり自動車保険を安くすることができます。

本当に必要な保健を選ぶ

自動車保険はまず自分の身を守るということもありますが、そのほかに自分が起こしてしまった事故の対応も重要度が高くなります。
自動車で人をはねてしまったら、どうやっても自分には怪我が起きず相手にだけ怪我を負わせてしまった場合などは、他人に対する賠償保険を充実させておかないと大変なことになります。
自分や車の自動車保険だけでなく、他人のことを考えた自動車保険を作るのがベストです。