なぜお金が貯まらないのか 貯金の方法

あなたが貯金できない理由

なぜお金が貯まらないのか

貯蓄はしないといけないと思っていてもなぜか毎月貯金するだけのお金がなくなってしまう、という方が少なくありません。ではなぜ貯金できないのか、根本から見なおしても貯金できるようにしていく方法を解説します。

貯蓄は管理が必要

貯蓄するためにはお金の管理が必要です。貯蓄できていないとすればお金の管理ができていないということです。お金の管理とは、いくらの収入があっていくらの支出があるかを把握しながら計画性をもってお金を管理することです。

収入と支出がどのくらいなのかを把握できていない方が貯蓄が出来ない傾向にあります。当然支出が大きくなれば貯蓄はできませんから、何がどのくらい出て行っているのかを把握しましょう。

貯蓄のコツは先取り貯蓄

貯蓄出来ない人の特徴は、使う分を使って、残りを貯金するタイプです。これでは使ってしまえば貯金できないので一向にお金は貯まりません。

逆にお金が貯まる人は毎月一定額を貯蓄用として確保して貯金してしまいます。これによってほぼ隔日にお金が貯まっていきます。予め支出を計算した上で貯蓄額を一定に決めてしまうのです。当たり前のことですがこれができていないと貯蓄は一向に増えません。

支出の内容を把握する

今の生活では貯蓄に回せるお金がない、という方は、今の支出内容を見ていきます。何に使っているかが見えてくるムダも同時に見えてきます。無駄に使っている分が削減できればそれが丸々貯蓄額となります。

支出の見直しに関してはまず固定費から削減していきましょう。固定人は家賃や電話代、保険などです。毎月かかる費用が抑えられればその削減分全てが貯蓄に回せます。
固定費の節約のページを参考にしてください。

このようにして自分の支出内容を把握し、削減し、貯金用に毎月一定額を確保して貯蓄するようにすると確実にお金が貯まっていきます。